徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

竹の子狩り

4月28日午後10時
息子と娘にいきなり言った。
明日は行くぞと!竹の子掘りに・・・・と。
あちらこちらから、竹の子掘りやきのこ狩りや・・耳にして我慢できなくなった。

4月29日
朝8時出発予定が寝坊のために10時半に。
目指すは千葉県大多喜町。
関東屈指の竹の子の産地でもあり、また掘ることもできるとこである。
粘土質の土壌のせいか、えぐみを取る必要もない竹の子だ。(自分は念のため糠で茹でるけどね)
午後一時半現地到着。
DSCF0302.jpg


竹の子の掘り取りかた
DSCF0303.jpg

理屈は簡単だけど、実行は難しい。

いざ竹林へ(中2の息子と小6の娘)
DSCF0305.jpg


傾斜があり、また滑る
DSCF0306.jpg

竹の子を捜す前に滑り落ちんように気おつけることが必要。

掘りたて
DSCF0307.jpg


つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

歯痛・・・・叱られる。

歯痛により、眠れなかった。
寝ても布団の中で身体が温まってくると痛み出し、目覚める。
そんなことを繰り返し、夜を過ごした。
仕事にも支障がでると思い内科的に点滴治療をしてもらうために知人の医者に相談した。
歯の痛みの原因は虫歯ではない。
神経を抜いた跡の隙間に薬を充填する。その薬を充填した奥になにが原因かはわからないが、膿が溜まったのが原因だ。
その充填した薬が邪魔して、膿を取り除くことができない。
薬が蓋をしてしまった状態だ。

叱られた。<(`^´)>>

歯痛でも下手すりゃ死ぬよと・・
膿がどうしても抜けないなら、また、歯科医には手におえないなら、口腔外科を直ぐに紹介するとこじゃないとダメだよと。
まずは歯医者を変えなさい
知人の医者が電話で、知り合いの近くの歯科医に状況を話し、すぐ行かせる旨の話をした。
自分も仕事上で面識のある歯科医だ。面識があるから逆に行きづらい。
だが、そうも言ってられない。
直ぐに出向いた。
知らなかった。その充填した薬・・蓋となっている薬を溶かす薬があるとは・・・それを使い蓋を除去し、後は神経の根の消毒・・でてきた膿も綿球で見せてくれた。膿のすべては抜け切れてはないけど、穴は開いた。
しばらくは開けっ放しにしとくねと。

膿が出たおかげで、歯痛も楽になりました。


叱ってくれる人。

いろいろと口やかましい事を言ってくれる人。

人間誰からも指摘されなくなったら、それは諦められた人ということなのかな?
(こいつには何言っても無駄だ、言う気も起こらんみたいな)

幸いなことに自分には口やかましく言ってくれる人がたくさんいる。
感謝(^0_0^)します。

PageTop

調子悪(>_<)

1、再発
  すでにコメントで告知の通り、4月7日の職場でイライラの募る打合わせ後、目のぴくつきがはじまり、翌日には口の引きつきも確認しました。現在も症状は治まってません。

2、パソコン
  この2、3日で三度システムの復元をしました。あるサイトに繋いでから調子が悪くなり、それを直そうとウィルス駆除ソフトやシステム治療ソフトを導入しようとして余計におかしくなりました。

3、歯痛
  昨日から左下の奥歯が痛みだし、本日歯科受診しました。神経に膿がたまったのが原因です。
 しかし、神経の穴が塞がってて、穴をつついてみたが、うまく膿が流れでない。
  病院受診にて抗生剤と痛み止めの薬を処方してもらって、内側からの治療に切り替えることとな りました。歯科受診しても痛みが取れないなんて・・・・(>_<)
 今は市販の痛み止めと今日も飲まないビールで痛みをごまかしてます。

タイトルを『調子悪(>_<)』としましたが、

しかし、気分は何故かしら・・(^0_0^)・・です。 ビールのせいかな?

 

PageTop

駐車禁止

やってしまいました。
駐禁を・・・
そこに停めてもパーキングチケット購入し、貼り付ければ違反にならないんだけど・・・
たまたま、甥っ子との約束があって、急いでて・・・用事済まし、車に戻ったら貼ってありました。
駐車禁止のシールが・・

警察署に出頭し、違反キップを切られ、反則金の納付書を貰いました。(出頭しない場合車の持ち主に反則金でなくて罰金命令が下されるみたい・・)

まぁ、自分の気の緩みのせいです。

実はいまだにゴールド免許になってないんだわ。駐禁は10年以上ぶりだけど、免許の書き換えの際に必ず1点だけいつも減点があるだよね。シートベルトと駐禁と更新忘れだけなんだけどね^^;

ということで次回もゴールドになれないことに決定しました。

PageTop

入院生活~退院まで(4)総括

・現在の症状
 やっぱり、これが1番大切な事。
 手術直後は少し右目・右口脇のぴくつきは残っていたが、現在はぼぼ消失しました。
 手術の傷跡は洗髪の際に若干痛む程度でこれも日に日に痛みが薄くなっているのが感じます。
 4月末の受診にて経過良好と診断となれば、それにて完了となります。三年以上通院した最後の  日にちょっと感傷に浸っちゃうかも。

・精神状態
 入院・手術を通して、全く緊張していない自分に対して、自分自身が驚きました。逆な言い方すると、普段の生活や仕事に対して、相当なストレスを感じている自分がいることに気づきました。
今後の自分の人生に対して、いかにストレスを無くすか・・言い換えればいかに心のコントロールをするかの参考になった気がします。本当に勉強になったなぁぁぁ。

・病院に対して
①設備
 立地が五反田の高台にあるせいか入院してた10階病棟からの眺望は最高でした。東京タワー・レインボーブリッジ等良く観えた。病室にもシャワー室やトイレが完備され、デイ・ルームや食堂等のくつろぎの場所もありました。コインランドリーも利用できたし、2階にはコンビニやインターネットカフェもあった。

②医師
 なんと驚くなかれ担当医師は4名でした。KI医師、Ko医師、R医師、M医師です。
残念なことに手術することに対して後押してくれたI医師は担当ではありませんでした。それは仕方ないことと思いましたが入院期間中一度もI医師とは顔を合わすことがなかったのは残念です。
責めてやろうと思ってたのに・・・(笑)
執刀し中心となってくれたのはKI医師、いろいろと補助援助してくれたのがKo医師で、両医師に対しては本当に深く感謝しています。
仕方ないんだろうけど、たまには家に帰らないと奥さん逃げちゃうよと・・・言いたい。
本当に若い医師は休む暇もないと同情してしまう。伴侶には理解をして欲しいと切に思う。

③看護師
病棟・ICU・手術室それぞれ担当者には本当に感謝しています。特に病棟でのAmaナースやUsuナースさんには大変感謝してます。言いにくかったろうにのに、患者の気持ちを察し、直にドクターに上申してくれる姿勢はとても好感持てました。完璧にAmaナースさんには惚れたなぁ。。

・最後に
いろいろとメールで励ましてくれた皆さん・面会にてきてくれた皆さんには大変感謝してます。
この場をお借りして御礼申し上げます。
 
 


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。