徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

惚れた(~o~)

45になって、胸を時めかしてくれる人に出会った。
そんな自分に驚いている。
こんな心の状態はいつ以来だろう?
まるで恋焦がれる少女のようだ。

誰に?だって・・・・・

それは秘密です。

嘘嘘・・追記をどうぞ

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

娘の卒業式

平成21年3月18日(水)
娘の小学生生活のフィナーレ、卒業証書授与式が催された。
第61回目の卒業式と聞き、自分の母校でもあるため、
思わず、頭の中で逆算し、自分は28回目だったのかと悟る。

娘さんの卒業式・・・さぞ、感慨深いでしょ?と言われるが・・・
それなりに感じるところがあるのは事実だか、これからのことを思うと・・・
期待感のほうが高いのかな・・自分でも良くわかんないや。

校長先生のお話の中で、すでに桜の花の蕾は大きく、すぐにでも開花しそうであるとのこと。
千葉での桜の花のイメージは入学式である。
しかし、数10年先、いや、もしかしたら、数年後は卒業式が桜のイメージになるのかな?
ふと、思いました。

まぁ、なんにせよ。卒業おめでとう!
心からお祝いいたします。
そうそう、休みの間に2回はお友達とディズニーに行くって言ってたな。
(そのうち1回は父も混ぜろと話したが、あっさり却下、そんな会話に成長感じます

PageTop

花粉症の新しい味方

前述したとおり、自分は花粉症です。

新たな味方を発掘しました。

花粉症の場合、薬の効き具合により、鼻づまりが酷くなったりする。
喉のかゆみが発生したりもします。
そんな時にはこれ一粒舐めてみてね

グリコ『はなのど飴』←クリックしてみてね。

効目抜群。鼻の通り、すっきり。一押し商品です。
コンビニにてどうぞ!(グリコの回し者です。嘘です。素直な意見です)

PageTop

税務署というところは・・

税務署とは一般的には所得税・消費税・贈与税・相続税・印紙税等の税金の徴収業務をしているところである。
自分は15年以上、税理士の手は借りず、所得税の確定申告をしている。
その経験で思ったことを書きます。決して税務署を非難にするつもりではありませんのでその辺りは誤解せずに読んでいただければと思います。

1,確定申告を間違えた時
  ・結果、税金を本来申告する額より少なく間違えた場合
   直ぐに修正申告するように連絡が入ります。
  ・結果、税金を本来申告する額より多く間違えた場合
   何もしません。信じられないかもしれませんが、もう一度言います。税務署は何もしません。

 解説
 間違えにより、少なくなった税金を正しい額に修正するのは税務署職員の仕事ですが、間違えにより、多くなった税金を是正するのは税務職員の仕事ではないのです。申告した個人が気づき、多く支払い過ぎた税金をとり戻すのは『更正の手続き』をし、税務署が確認したうえで、税金が還付されることとなります。
税務署は正しい額の税金を徴収するところですが、正しい額以上の税金も徴収すると思ってください。

自分も金額の転記ミスにより、税金を10万以上多く支払ってしまったことがありました。翌年の確定申告作成の際に前年の申告を確認した時に誤りに気づきました。更正の手続きによる還付請求期限は翌年の確定申告の期限となります。もちろん簡単な転記ミスのため、税務職員が気づかないとは思えません。

2,問題
  平成20年1月~5月まで月々20万円の給与の支払いを受けました。(毎月4,670円源泉されている)6月~12月までは無職のため、収入はゼロとなりました。この人が支払うべき、所得税の額はいくらでしょう?

つづきを表示

PageTop

格言のサイト

職場のデスクトップのパソコンの壁紙にしてます。今はこれです。
hore.gif

他にもいろいろな格言があって、定期的に張りかえてます。
少し前はこれです。
fukkatsu.gif

以前、知人からこの[ホームページのおもちゃ箱]というサイトを教えていただきました。
管理者のご自由にお使いくださいという太っ腹の姿勢も自分としては大変好感を抱いてます。
このサイトの隠れファンです。

よって、このブログのリンクにも[ホームページのおもちゃ箱]として貼りました。
お暇な方はクリックしてみてね。

格言のコーナーに行くには「サイトマップ」→「全身タイツの部屋」→「格言?こちら」で辿るのが1番早いかな!(直接リンクはまずいと書いてあるので、この記事の中で貼るのは止めました。意味違うかも?)

PageTop

確定申告

毎年確定申告をしている。
毎年年末調整を行う職場の収入の他に不動産収入と外部での仕事(講師や役員等)と昨年に引き続いて株での損を繰り越すからだ。(申告しないと翌年に損を持ち越せない)

父母の確定申告の手伝いもしている。(最終チェックは会計士)
手馴れていたが、今年は違う。
本当は会計士に丸投げしたかった。会計士も自分も今回は面倒臭いことをわかっている。
会計士は自分には申告書を作成する能力があることを知っている。
よって、いつもの年のように案は頼むとのこと。

母は築40年の家屋を取り壊して、昨年5月からアパートを建てて経営している。
4戸の物件だか、そのうち、ひとつを自分の個人所有としている。(別宅?)

要はアパート経営にかかる収入と経費を設定しなくてはならない。
収入は簡単だが、経費がややこしい。

減価償却費を設定するために、まずは取得価格を算定する。(建物、電気設備、給排水設備、外構)
耐用年数を設定し、建物だけは定額法、他は定率法で償却費を出し経費とする。
5月からの経営のため8ヵ月として按分する。(月按分)
4戸のうちひとつは個人所有のため、床面積割合から按分する。(床面按分)

銀行からローンを組んだため、借り入れの担保手数料・利息・司法書士への報酬・家屋調査士への報酬・納税証明書は床面按分して経費とする。

家屋にかかる不動産所得税や固定資産税は来年から経費として申告するが、土地に対する固定資産税は月按分と床面按分のうえ経費とする。

ここまで書いて「ほほう」と意味わかる貴方は偉い!
会計のスペシャリスト?

自分でも書いてて、書くことを投げ出します。(えぃ)

日曜日の今日一日丸々費やしてどうにか作成しました。
(要は疲れたわぁと愚痴りたかった)

本当は所得税の還付請求のことも書きたがった面倒になってしまった。(請求すれば戻る税金、なのに請求の術さえも知らない人が多い)

それは後日・・気が向いたら書きます。
(多分書かん。なら、書くなってか・・)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。