徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

認知症

先日、職場内で認知症の講習会が実施された。
主に最近の認知症に対する医療・介護業界の状況についてだ。

このブログで細かな専門的なことは書くつもりはないが、これぐらいは知っておいたほうが思うところがあった。
認知症を二つに大別すると『アルツハイマー型』と『脳血管型』と分けられる。
前者は病的に脳が萎縮して発症し、後者は脳血管が詰ったり、破裂したりして、その影響により脳細胞が死滅して発症する。
ここで言いたいのは認知症は病気であること。
『もう歳だから呆けてしまったとか、しょうがないよねもう歳だもん』等と高齢であることを理由に何もせずに片付けられてしまうことが多い。

今の時代、どんな病気もそうだけど、認知症も早期発見、早期治療が大切です。

『アルツハイマー型』も症状を鈍化させる良き薬が出ています。
『脳血管型』も例えば硬膜下血腫が理由であれば直ぐにオペにより血の塊を取り除けばよくなります。

んじゃ、早期発見するためにはどうすれば?
脳の写真を定期的に撮ることと脳の血流状況を調べることによって確定診断が可能となりました。
今は数ミリ単位で脳の萎縮が始まってることも画像により判るように撮影機械も進歩し、血流状況でも判断できるようになりました。

自分の住む千葉県船橋では市の医療センターに認知症の確定診断が可能な機械がこの4月から導入されました。
地域事情により、状況は違うと思いますが、徐々にまずは確定診断することが重要であるというが浸透していくと思われます。

診断がつけば『アルツハイマー型』であれば服薬治療がメインとなります。

その他並行して実施すべき治療方法としては、『認知症のリハビリ』が効果あると言われてます。
脳に外部からストレスのない心地よい刺激をあたえること。細かく言えば回想法・運動法等です。

あと信じられないようですが、現在『アルツハイマー型』に関してはワクチン開発研究が盛んに行われています。
要は認知症の予防接種です。効果は5年程あると考えられており、五年毎の服薬により、
『アルツハイマー型』は予防できる時代がくるそうです。
そう遠い将来ではないそうです。15年以内かな?(この年数は適当です。でも、そういうイメージでいいみたい)

簡単に書くつもりだったけど・・少し難しかったかな・・悪しからず最新情報でした。


スポンサーサイト

PageTop

「ゆめみし」

リンクにゆめみしというブログを貼りました。

カメラが大好きな写真中心の女性の方のブログです。

撮影にあたってのコンセプトが常にあり、
単に写すだけでなく、複数台のカメラを駆使し、撮影方法にも工夫を加え、いろんな取り組み(実験?)をして腕を磨いてます。
カメラの違いによって、こんなに写真の出来栄えが違うなんて・・・・(゜o゜)

素敵な写真が数多く掲載され、自分のお気に入りのブログです。

是非みてください。

PageTop

訂正します。

『ジャワコーヒー』の記事。

正式にはバリコーヒーだそうです。

大変失礼いたしました。お詫びとともに訂正いたします。

PageTop

ジャワコーヒー

先日、職場でインドネシア海外旅行のお土産として『ジャワコーヒー』を頂いた。

早速、ペーパー式のドリップでコーヒーを入れる。

あれれ、このコーヒー豆・・・粉っぽい。
片栗粉みたいに細かくすってある。
こんなに細かくするのが『ジャワコーヒー』なのか・・・勝手に納得。
ドリップが終わった後のペーパーの中・・・なんか練り餡みたい。  笑える

味わっていると、

あれれ「よーいさん。ドリップしたんですか?」と頂いた彼から・・

『ジャワコーヒー』の入れ方は、
①コーヒーカップに粉を入れて、
②湯を注ぎ、
③しばらく放置、
④粉が底に沈み、
⑤上澄みを飲み楽しむとのこと。好みによっては砂糖等をいれて甘くします。
とのことです。

はははははははははと笑ってごまかす

皆さん知ってましたか?


味?
うーん。コーヒー粉の味です。

PageTop

復帰

彼女が復帰した。
彼女は仕事の上での自分の相棒・・・というか部下。(どっちでもいいけど)

この1年産後休暇その後育児休暇を取得した。
現在短時間勤務の申請・・許可後、自分のとこに戻ってきた。

とにかく、仕事ができる。 効率よく、業務をこなす頼もしい奴だ。
常に業務効率を意識し、仕事を少しずつ、改革していく術を持っている。

例をあげれば、
大きなことでは、職場内のパソコンのランシステムの彼女の提案にて、構築も彼女ひとりで築き上げた。業者の利用は有線ケーブルをつなぐのみの最小限の使用しかしてない。

小さなことでは、物品の管理方法等・・まぁ数え切れないくらいある。

物凄く綺麗すきであり、整理整頓すき。
効率を考える彼女にとって、デスクの上は整理整頓が当たり前で、上司である自分のデスクの乱雑さには目に余るらしい。。。トホホ ^_^;
復帰後、あえて自分に対して「春のお掃除タイムはいつ始まるんですか?」
もう笑うしかない。。。彼女にはうまく操縦されている・・そんな気がする。

まぁ、なんにせよ。良き相棒が復帰した。

「おかえり」


PageTop

尻の皮・・剥けた。

乗馬を初めて、約3年が経過した。
月1回だったり、2回だったり、全く行かない月もあったが、
最近はコンスタントに毎週土曜日に乗りに行くようにしている。

スランプを感じた時期もあったが、どうにか乗り越えて、それなりの腕前にはなったのかな?とは思ってる。(上をみればどんな競技でも、キリないよね。)

華麗・上流趣味等という乗馬に対してのイメージする言葉はあるが、実際に乗りはじめてみると、その言葉のイメージより、ハードなスポーツであることに気づく。

時間換算で言うと、有酸素運動としては水泳に次ぐハードなスポーツであるらしい。

自分の通うとこではビギナー、初心者の段階が終わると
原則として、
厩からの馬出し→装鞍(鞍つけ)→投絡つけ(馬の顔に馬具つけ)→レッスン→馬の手入れ(蹄や身体を洗う)→厩へ戻す 等の一連の作業を1人でする。(例外の馬や時間帯とかもあるけど)
その他、馬糞の片付け等しなくてはならない。

4月18日(土)
本日の自分の相棒は「モモ」という牝馬。
初めて乗る馬。他の人が乗っている状況もみたことのない馬。
(自分の場合、専用馬制度は採らないため。毎回違う馬があたったり、他の人があまり乗りたがらない馬にあたるケースが多い。)
初めての馬は乗りながら様々なことを試してみて馬の性格を推し量る。凄くやんちゃな娘で手綱や踵での合図の強さやバランスをいろいろ試した。それがお気に召さなかったのか?動かなくなってしまった。
本来ならここで鞭などを使用し、ダメでしょ!となるのだが、
鞭が大嫌いで尻跳ねをするんで鞭は使用しないでとスタッフから・・・どうすっかなと思案してたら、
馬取り替えましょうと。。

相棒は「ルパン」というセン馬に変更。
彼も初めて乗る馬。
すぐに素直で乗りやすい馬だとわかりホッとする。程なく、レッスン終了。

昼飯休憩後
午後の相棒は「シュールマリア」という牝馬。
過去に一度だけ乗ったことがある馬。過去の記事によると非常に乗りやすく、反応も良いとのこと。(乗った後は必ず手帳に記録する)
予想通り・・非常に楽しく乗れました。

しかぁぁぁぁし、

前置き長かったけど、ここでお題の『尻の皮剥けた
続きは追記で。

つづきを表示

PageTop

桜花賞観戦記

レースはテレビ観戦しました。
後方から2番手という彼女の位置取りにまずはびっくり。
4コーナーの回って、直線を向いた時、
そのまま馬なりで大外に持ち出せばいいのに何を思ったのか、
一瞬インに切れ込もうとして、行き場失い、立て直して、再度大外へ持ち出しました。

背筋が寒くなる思いがした。 

いくらなんでも、これでは届かない。

それでも彼女は上がり3ハロン、33.3秒という驚異的な末脚でゴール直前半馬身の差で勝ちました。

ゴール後、安堵とともに騎乗した安藤さんに言いたくなった!

「今回は圧倒的な馬の力の差があったため、勝つことができたけど、今後牡馬や古馬と戦う上ではこんな乗り方では勝てないよ」と。(次回はオークスだから同じ乗り方でも勝つとは思うけど・・)

安藤さんは地方の笠松競馬から努力と実力で叩き上げて、今の地位を勝ちとった超一流騎手。
(ライデンリーダーの時から好きです)
競馬ではそつのないレース運びで馬に決して無理をさせず、さりげなく勝ってしまう騎乗振りにはいつも感嘆していました。
その安藤さんもG1レースで圧倒的な1番人気になるとこんな騎乗になってしまうとは・・・
それでも結果は勝った。
彼女の力に感謝するとともに、勝って兜の緒を締めよ!

オークスではソツなく乗ってね。

専門用語ばかりの観戦記になってしまった。
わからない用語があれば教えますね。



PageTop

桜花賞

4月12日(日)阪神競馬場で3歳牝馬のG1(ジャパン)桜花賞が実施される。

今年は簡単だ。

ブエナビスタ
彼女で決まりだ。他の3歳牝馬とは次元が違う。
名前の由来は(Buena Vista)スペイン語で絶景を意味する。

もちろん、競馬には絶対はない。落馬等の不慮の事故もあるがそれは予想できないこと。

自分の期待は彼女がどんな強い勝ち方をするかそれに尽きる。
鳥肌がたつような・・・背筋がぞくぞくするような勝ち方がみたい。

日曜日は素晴らしい絶景を臨むことができるだろう。(^^)v

PageTop

ヤフオク初体験

息子から依頼された。
どうしても、欲しくて、どこにも売ってなくて・・・
ヤフーオークションにて発見したとのこと。
「お父さん、落札して欲しい」と
物は『「遊戯王カード」のゴールデン・・なんとか・・なんとかの 1箱

まぁ、3月のバースディプレゼントはメモリーの増設に化けてしまって、きちんと購入してなかった。
そういう思いもあって、
うん。わかった。必ず落札するよと約束した。(価格も1,000円~)
入札価格を入れるも・・あれれ・・誰かと競ってるみたい・・・
あっという間に3,600円まで跳ね上がった。(なんか、怖いと思いつつ)
落札予定者は自分となった。次の日も、その次の日も価格も変わらず、落札者は自分になっていた。
最終日の朝、自分になってた。
締切時間3時間前、価格変わらず、自分になっていた。
締切時間30分前、価格変わらず、自分になっていた。
この時点で落札者は自分にほぼ決定だなぁ!
いきなり高値つけたのかな?
だから、誰ももう競わないのかと・・・勝手に思ってた
そう、勝手に思い込んで締め切り1分前まで画面・・・観てなかった。

締め切り1分前・・・・
げげげげ

価格が5,600円に跳ね上がってる(@_@;)

やばい・・・入札価格訂正入れなおさなきゃ・・・慌てて・・入れなおそうと思ったが・・・

あえなく・・・・

タイムアップ・・・・しちゃった。

落札・・・・失敗に終わる。

負けた・・・・息子との約束・・・・守れなかった。。

同じものがオークションにないかと探すが・・・・ない。。ない。。

ああ!『「遊戯王カード」のゴールデン・・なんとか・・なんとかの 3パック』といのがあった。
1箱と3パックの違いがよくわからいが、締切り30分前になってる。
代わりになるかわからんけど・・・慌てて最高価格つける。1,400円。
誰も競ってくる人がいない。
まだ、わからん! さっきもそうだった。

締切り1分前になる。
ここからが勝負と・・・
誰も競わない。終了。
落札者となりました。

すぐにカードにて、落札価格、手数料、郵送料を支払う。
出品者にメールする。
次の日、息子に正直に話し、謝罪した。

「しょうがないよ。その3パックのでもいいよ」との返答。

出品者も礼儀正しい人で直ぐに郵送して頂き、2日後の本日3月31日に届きました。

知人や職場の人に話しを聞くと時間延長はなかったの?とか。
残り時間10分になってからが本番だよとか。

ヤフオクではそれが当たり前らしい。

またひとつ。貴重な経験させて頂きました。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。