徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

乗馬3級ライセンス

7月25日(日)午後2時
高1になる息子と共に、乗馬3級ライセンスの受験をした。

内容は、実技試験と筆記試験。
合格基準はともに60点以上。
筆記試験は昼飯後に受け、事前に勉強した内容と重複してたため、多分満点。

実技試験の愛馬は、
自分はタニノコザック。
栗毛の気の良いおじさん馬。ただし、揺れが激しく、長時間乗ると尻の皮剥ける時あり。^^;

息子はシュールマリア。
黒鹿毛の激しい気性のお嬢さん。機嫌損ねると動かなくなる気分屋さん。
息子は、ここ数回のレッスンでは上手くマリアとのコミュニケーションがとれず苦労していた。
この日の当日レッスンも、予約の都合でマリアに乗ることもできず、別馬でのレッスン。
そのため、ぶっつけ本番の実技試験となり。かなりのプレッシャーを感じている様子。

実技試験の内容は、
定められた経路を定められた走り方及び乗り方をする。

中央線から速歩(はやあしと読む)でスタート。
右からの斜め手前変換(軽速歩で歩度を伸ばしながら)→左からの斜め手前変換(同)
→速歩のまま横棒通過→半巻きして再度横棒通過→左駈歩(かけあしと読む)発進・輪乗り・半巻き
→右駈歩(同)発進・輪乗り・半巻き→左駈歩→速歩
中央線に入りゴール。

専門的でわかりづらいかな?^^; 失礼しました。

息子は、あれだけ、手こずっていたマリアの動きも一変させた。
練習時と比較すると、考えられない程上手い。馬上でのバランスの取り方も良く、微動だにしない。
まさに完璧な騎乗だ。
終了後、息子と話したが、試験は1頭ずつ広い馬場を走るため、練習時とは異なり、周りに他馬がいない。
気が強く、近くにいる馬を気にするタイプだから、それが功を奏したかね?と。

自分は輪乗りの際、少し窮屈な走りとなり、部分的に駈歩が速歩となってしまった。
それ以外のミスはなかった。

はい。(^O^)
正式な発表は後日だが、自分も息子も合格している筈です。

実技担当の試験官からも、「問題なし。筆記試験の結果は知らんけどね。」言われました。


乗馬3級ライセンスって、趣味として考えた場合、最終段階のライセンスと言えると思います。
どこの乗馬クラブでも、3級あれば馬を問題なく、操れる人と判断されます。

乗馬を初めて早4年、途中に半年間乗らなかったり、数ヵ月渡り何度か休んだり、上手く騎乗できずに落ち込んだり、落馬を3回経験したり、怪我したこともあった。挫折しそうになった。
でもね、辞めなかった。諦めなかった。継続した結果が合格に結びついたと思ってます。
(少し、自慢させて^m^)

次の目指すライセンスとしては、この上は馬場2級もしくは障害3級ライセンスとなります。
ここからのライセンスは乗馬という趣味の段階から、馬術というスポーツ競技者としてのライセンスの意味合いが少しずつ上の級に行くたびに濃くなります。

辞めるつもりは全く無いからね。
今後も、頑張りマーース。(^o^)/


スポンサーサイト

PageTop

トイストーリー3

平成22年7月18日(日)
シネプレックス幕張にて、トイストーリー3を観てきました。

「借り暮らしアリエッティ」の前売券も持ってましたが、着いた時点で、5分だけトイの上映開始が早く、こちらを観ることに。

3D上映のため、300円の追加料金を支払い、シアター内へ。
ほぼ、満席。

○ラストシーン。
これには参りました。涙が止まらない。
もしかしたら、今後の映画の名シーンとして、語り継がれ、歴史に残る。
そんなことも予感させてくれました。

単純に、別れを悲しむだけの涙じゃないんだよね。
多分、自分の顔は笑顔・・なのに、涙が止まらない。泣き笑いという表現がいいのかな?

ネタばれになるんで詳細は書けないけど、
「別れ」と「出会い」って、考えてみれば、人生の中でほぼ同時に起こる時が多いんだよね。
そんなことを思い起こさせくれます。

○キャラクター
驚きのキャラクターが登場します。自分はびっくり(@_@;)
日本人にとっては、こいつが登場したら、それだけで大満足かもね。観ただけでほのぼのする奴です。
よく、許可でたよなぁぁぁぁぁぁ。。。

○3D
実は映画館での3D上映は自分にとっては、初体験。
楽しみにしてたけど。。。。
マイケルのキャプテンEOの飛び出す立体的な映像を知っているだけに、物足りなさすぎる。
映画の内容の良さでクレームは少ない可能性大だけど、
高い料金設定だからね。3Dをもっと生かした映像にして欲しいと思います。

そうそう。星は、
もちろん
こうせざる得ないでしょう。



PageTop

資格取得試験

7月9日(金)
リスクマネジャーの資格取得試験を受けた。
出題は50問の4択方式。
1問2点で100点満点。
合格点数は不明。

昨年11月・今年2月に6日間にわたる講義を受講することが義務付けされ、
5月からはインターネット上での模試を何度でも試せるシステムになっていた。

業務上、経営的な立場上、不合格は許されない試験であり、資格である。(プレッシャーです)

ネットの模試を見て、愕然とした。
そうです。すげーー難しいんだわ。
資格を取らさせる試験と高をくくってたわけじゃないけど。

どうしよう・・と焦りが・・・ (プレッシャー増幅!!)

業務に追われて、試験勉強する余裕なんてない!!!!

と自分対する甘えと不合格の時の言い訳が何度も浮かぶ。
けど、
腹、決めるしかなかった。勉強しないとまず受からない。。

業務終了後、毎日50問~100問の模試を解くように自分自身に義務付けた。

疲れ果て、くじけそうになった時もあったけど・・試験日当日まで約3週間。
1日もサボることなく、続けることができました。


自分は、「頑張れば、合格する」なんて、そんなことは思ってない。
現実とは、厳しいもので、「頑張っても、合格しない」ことが多くあることを知っている。

しかし、合格の可能性が低いと言い訳し、頑張ることを止めたら、その時点で、不合格は決定なんだよね。

だから、結果がどうでるか、頑張るしかないんだわ。。


正式な結果は8月の末頃だが、
出題の持ち帰りも可能。その日の夜にはネットで解答が発表され、早速、自己採点。

86点でした。

多分受かってる思う。そう確信できて、やっと安心することができました。



PageTop

桃屋のラー油 ゲット、でも・・・

話題の桃屋のラー油を手に入れました。
というか、
たまたま良く行く、スーパーの陳列棚にひっそりと3ビンだけ置かれいるのを発見。
思わず購入しただけなんだとね・・
DSCF2523[1]

でもね。実は日曜の深夜から、体調崩してしまい、下痢と悪寒でぐったり・・・
この日も買物も消化の良いもと思い、うどん等を買いに出かけたんだよね。
そういうときに限り、みつけるんだよね。^^;

だから、味見はまだ当分できそうにありません。

ちなみに今夜の食事はおじやとスポーツ飲料です。
こんなのです。
DSCF2521[1]
鶏の胸肉を湯がいたのを入れました。

あ、あと鶏皮を破棄するが勿体なくて、細かくして、フライパンで、塩振りながら、香ばしくなるくらい炒めました。(油引かずに、鶏皮からでた脂のみで)
DSCF2522[1]

しばらくはこんな食生活が続きそうです。


PageTop

嵐To be free 僕の見ている風景

7月7日にシングル「To be free」、8月4日にアルバム「僕の見ている風景」が発売される。

娘は大の嵐ファン。
困ったときの父親頼み。
これまでも、アンアンの櫻井君ヌード本購入。
シングルトラブルメーカー・モンスターの購入や予約を自分がしてきた。(初回限定版)

今回のシングル・アルバムも初回仕プレス仕様等というがあるらしい。
ネット購入と考えたが、調べた範囲では予約終了でした。

トラブルやモンスター同様に多分地元のあの店なら、この時期でも予約できるはず!!!!
そうです。娘もそれを期待して自分に相談したんです。

誰にも教えられない穴場の店。
案の定。予約できちゃった。(^^)v

でもね。
娘にも話したが、遅かれ早かれ、時期逸しても、あそこだと買えたよ、という噂が広がるだろう。

そしたら、買えなくなるよ、とね。

誰にも教えられません。口チャックです。



嵐の歌。要望があり貼りつけました。曲名不明です。
ご試聴宜しくお願いします。


PageTop

踊る大捜査線3

7月3日(土)
いつもの映画館で、踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!をレイトで(23時~)観てきました。

出かける前にヤフーの映画レビューを確認したら、不評の嵐のため、全く何にも期待せずに観ました。

自分の評価は普通です。
つまらなくはないけど、手を叩いて面白い!!というほどでもない。

映像は撮影の仕方、まわし撮り?地面這い撮り?天井撮り?
専門的技術的なことは解らないけど、テクの駆使してますよと強調し過ぎ。
意気込みはわかるんだけど、くどく、鼻についた。
画面がターンするとこは、前列の座席のせいか、少し目が回りました。

音楽もシーンと合わず、耳触りが多かった。

脚本は細かな詰めの甘さはあったけど、大筋は良かったと思う。

小泉今日子の女優としての実力は・・自分は???です。
チョイ役程度なら構わないけど、今回は難しい重要な役回り。
人を惹きつける演技が今回は必要だったため、演技の実力のなさが目立ったね。

監督さん前作を超えなきゃというプレッシャーが大きかったのかな?
意気込みは感じたけど・・・空回りしちゃったね。

評価は普通のため、真ん中の星です。

なんか、もったない感じ。もっと質の高い映画になれる要素あったのに・・

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。