徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

下痢、発熱

8月29日(日)深夜
何度、トイレに通ったろう、ケツから水が出続けている。
酷い下痢である。

昼食の回転すしが悪かったのか?

腹を温めるために熱い風呂に浸かるが、なんか、一滴も汗も出ない。
もちろん、下痢の際は脱水に注意が必要なため、意識してスポーツ飲料をぐぃぐぃ飲む。

翌月曜、
久しぶりに仕事を休んだ。身体の節々も痛い。
発熱もしている。
体調を崩しても、職場に顔を出すことは欠かさなかったのに、
一日中、家にいたのは久しぶりである。

スポーツ飲料以外は腹に入れてないから、
これから、消化の良い、うどんの買いだしに行かねば。

スポンサーサイト

PageTop

ヒックとドラゴン

8月15日(日)PM8:15
いつもの映画館で、いつもの準備で、『ヒックとドラゴン』を3Dで観てきました。

実はこの日の昼、乗馬に行ってきました。
猛暑と前夜の睡眠不足がたたってか、帰宅後、ダウン。
久しぶりに3時間半も昼寝(夕寝かも?)してしまった。(-_-)zzz
気づいたら、既に夜7時になっていた。
その結果、気分はすっきり。

こうなると、お出かけしたい虫が走る。はははは、性ですなぁ。

よって、急きょこの映画の上映開始時間を調べて、車で出かけました。

5分前に到着。向かう途中で、ミニストップで購入したポテトとアイスコーヒーをかばんに忍ばせ、シアター内へ。
観客は少ない、15人くらい?

着席と共に、上映開始。

トラブル発生。
予告画像画面がいきなりブラックアウト。
シアター内が明るくなり、慌てて、映画館関係者の人が前方で、映写機トラブルの説明と謝罪が入る。

こんなこともあるのねと・・

数分後、復旧とともに、再開。

しかし、
再び、同じ箇所でブラックアウト。
シアター内が再び明るくなり、再び謝罪となる。

はははははははは。もう笑うしかない。

再々開、今度はブラックアウトしたシーンを割愛し、その後からスタート。。

(@_@。

上映終了。。。

いやぁぁぁぁ、参りました。凄かった!!!!!感動した。。

興行絶好調のトイストーリー3より、自分はこの作品の方が好みです。(評価はどららも高いけど)
もちろん、細かな突っ込みたくなるようなシーンは多々あります。しかし、全体的を通すと素晴らしいシーンが多く、些細なことはポィできちゃいます。

ネタばれになるけど、2点だけ、書せて下さい。

ますば飛行シーン
もう、圧巻です。
ドラゴンに背中に単に乗って、ドラゴン自身が勝手に空を飛ぶのではなく、
ドラゴンに背中に馬に乗る時の鞍みたいのを乗せ、どんな指示の時、どう飛ぶのか確認しながら、飛行練習を兼ね、ドラゴンとの意思の疎通を取りながら、飛びまくります。
自分は馬に乗るからね。なんか、重なったわ。
あ、あと、古いけど、トップガンを思い出した。それくらいに迫力ありました。

ラストシーン
少しだけ、うるうるしちゃった。
お決まりの「めでたし。めでたし」では終わらなかった。
というか、めてだし・・なんだけど、
ボスドラゴンとの死闘。 
主人公は負けるわけないからね。まぁ、勝つんだけど・・・・

その大きな代償が足を一本。
義足になってました。
それでも、成し得た喜びのせいか、笑顔の主人公がまた憎い。

人生、成し遂げるためには、大きな痛みや代償を払うこともある。
すべてが丸くおさまる、なんて現実は無いよね。
そんなスパイスを最後に効かせます。

本当に観て良かったです。

もちろん星は満点です。

PageTop

息子のパソコン

実は、以前から、高校1年になる息子から、デスクトップのパソコン購入をせがまれていた。
ふたつ返事でOKとは、親の立場では、教育上返答できない。

何らかの条件をつける親が多いと思う。(成績が上がったら等)

自分は、そう遠くない時期に挑戦予定の乗馬3級ライセンスに合格を条件にした。

結果は、
先日のブログにも書いたけど、自分も息子も合格・取得が確実となった。

よって、
息子は自分にパソコン購入をお願いと切り出してきた。
もちろん、条件をクリアしているので、拒むことはしない。
じゃあ、近くのヤマダ電機へと話したが、
息子いわく、家電量販店で販売しているパソコンには興味が無いとのこと。

えぇぇぇぇ、いまいち意味わからず、詳細を聞くと
息子の好きなCPU・モニター等のパソコンのパーツの一つ一つを選択して、自分好みのパソコンに組立てたいとのこと。

あららららら。自分にはちとわからぬ世界。
CPUの質なんて、自分は最新のであれば、どうでもいいからね。

息子なりに、用途を考え、価格も考え、選択したとのこと。

先日無事に届き、状態も良好。朝から晩まで、パソコン前に座ってます。。。

PageTop

小さな幸せ4

行きつけのローソンにて、シールポイントがたまり、
ミッフィーのボウルをゲットしました。
DSCF2540.jpg

ロゴのところを良く見ると、なんとミッフィーの年齢が記載されてます。

さて、問題です。今年で、ミッフィーは何歳でしょうか?

答えはつづきをクリックしてね。

つづきを表示

PageTop

借りぐらしのアリエッティ

7月31日(土)PM2:30
いつもの映画館で、いつもの準備で、ジブリ作品『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。

劇場に到着したのが、上映開始約15分前、慌ててチケット売場の最後尾に着く。
様々な作品の残席わずかや売切れ等の貼り紙が目につく。

席を選択する余裕等無い。
売場のお兄さんに空いているとこ、どこでもOKと指示する。

3分前にコーラとフライドポテトを片手にシアター内へ。
席を確認するとシアター内ほぼ中央。
絶好の位置やんかと思いつつ。
両サイドに目をやると・・・

カップルやんかぁぁぁぁ。

笑える。挟まれちゃった。
はははははは
「失礼します。ごめんねぇぇ」と言いながら着席。

上映開始。

この映画のキャッチコピーに「人間にみられてはいけない」というのがある。
公式ホームページや予告動画にも、この言葉が踊っている。

でも、開始5分で人間にみられてしまいます。

思わず、ずっこけてしまった自分。^^;
んで、発見した主人公の翔君もそんには驚いていない。(普通は腰抜かすだろう)

淡々と物語が進み、なんの山場も無く、あっけにとられながらエンドロール。

周囲の皆さんも同じ感想らしい、両隣のカップルも思わず「これで終わり?」という声が聞こえてきました。

なんだろう。
登場人物の背景説明等が全くないため、物語の内容に入り込めない。
入り込むためには、観る側の想像力(妄想力かな?)をかき立てて、観る側が自分なりに脚本の組み立て、内容を補填する必要がある。例えば、翔君が小人を発見しても大して驚かない理由は?とか。

ジブリファンの人には、「観る側に委ねる。それがジブリ作品でしょう。」と言われそうだけど、
この作品はあまりにも委ね過ぎ感があって、その手法が功を奏しているようには自分には思えなかった。

音楽も凄く綺麗な曲だが、淡々としていて、曲のも盛り上がり感じられない。
皮肉じゃないけど、ある意味この作品に合っている。^^;

映像は期待通りで、すごく綺麗。小人目線の生活の様子は面白かった。
星は真ん中の2.5個かな。

数ヵ月後、この作品の内容はどんなだっけ・・と忘れてそうです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。