徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

10月23日(土)
いつもの映画館でいつもの準備で、映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』を観てきました。

何度か映画館で予告篇観て、すげーー面白そう。謎解きや心理戦が凄そう!!!!!
大好きな俳優藤原君も出てるし、

期待値マックスで鑑賞。


観終えて・・・・・・・・・・

うーん。うーん。つまらん。^^;

なんか、久しぶりにつまらん映画を観てしまいしました。

自分にとっての見所はわすがふたつ。
ひとつは女優綾瀬はるかさん。
彼女の顔が映画館の大スクリーンで、ドアップになるたびに時めいてしまった。
彼女の透明感のある美しさは殺人的です。

もうひとつは女優石原さとみさん。
あんなに可愛い人が、映像から、陰気臭い、嫌な女にしか映りませんでした。
彼女にとって新境地かも。

以上、このふたつ。

では、何が酷いのか。

この映画のうたい文句である。謎解きや心理戦はありません。
それらしき、謎解きモドキ、心理戦モドキ風なのはありますが・・・

要は脚本が甘い。設定は面白いのに、その後に続く展開が妥協しまくりですよ。

だから、すべての出来事が薄っぺらくなってしまう。

予告にも出る、あの薄気味悪い人形も全くいかされていなし・・

エンディングの曲「シンジテミル」も良い曲なのに、映画の内容がイマイチなため、「信じる」とか「信じてみる」と曲の中で連呼されても、耳触りにしかならない。


星はひとつ。てか、綾瀬さんのアップにひとつです。
映画評価を初めてから、最低の評価となりました。

夏から初秋にかけて、観たい映画続出でしたが、来月は自分にとって、観たくなる映画がまだみつかりません。

お勧めがある方は教えてちょ。

スポンサーサイト

PageTop

BECK

10月21日(木)
いつもの映画館でいつもの準備で、レイトで、映画『BECK』を観てきました。
マイシアターでの上映の最終日かつ最終回。

観にいきたくて、我慢できなかった。^^;

実はこれで三度目の鑑賞。
こんなことは自分の映画人生では初めてのこと。
自分にとっては、とても思い入れ深い作品となりました。

映画館でのマナーは「ご静粛に!!」なんだけど。
ほんの少し・・イヤ、少しだけ・・イヤ、ちょっとだけ・・イヤ、周りの人からあの人揺れてるやんかぁ・・程度で、
足踏みやら、手拍子やら、してしまいました。
音楽の映画です。お許しください。


映画はBECKというメンバー5人若者のロックバンドのお話。

見所はラスト約1時間近くある野外ロックフェスでのシーン。

○曲が良い。
詞はわからないけど、曲と編曲はこの映画用に作られた。
映画なのに、手抜きない曲作りに感服する。
ロックやヘビメタ好きの自分にとっては、最高に仕上がった曲っす。

○10,000人集まる野外ライブ会場は圧巻。
実際に10,000人以上のエキストラを集めるのは不可能なはず。
それを見事に映像に表現することができていた。
圧倒する人の数というのは、やっぱり迫力感が増す。

○バラバラなったメンバーが最後の舞台でまたひとつに。。
ネタばれなるんで詳細は書けないけど、少しだけ・・

コユキが会場にひとり立ち、ひとりギターを弾きはじめる。
ドラムのサクが加わり、叩きはじめる。
ベースの平君も加わり、弾きはじめる。

息詰まって、演奏ストップ。沈黙。

そこにリードの竜介が弾くギターの音が響きはじめた。
あの曰くのギター、ルシールを奏でながら登場。
演奏再開。
『Looking Back』演奏開始


『EVOLUTION』演奏開始


『MOONBEAMS』演奏開始

演奏終了。

大歓声の渦の中、5人が肩を抱きよせ。円陣を!!!!!

そこで、エンディング曲。
オアシスの『Don't Look Back In Anger』が流れはじめる。(プロフの欄に貼りました。聞いてね。)


もちろん星は満点です。

でも、自分の気持ちとしては、星1兆ぉぉぉぉぉぉぉぉぉ億個です。(^^)v

本当にこの作品に出会えて良かった。

冷静に評価すれば、好き嫌いは分れる作品。(ちなみにコユキの演出は自分は有り派です)
ロックが好き。頑張ってる若者を観るのが好きな人にはお勧めです。

当分、他の映画観れなくなりそうです。


(あ、2日後にインシテミル観たんだぁぁ。。。)

PageTop

小さな幸せ5

行きつけのローソンにて、シールポイントがたまり、
リラックマのスープマグをゲットしました。


欲しい人!!! 手上げて!!!!!



腋・・・・こちょこちょ。。(^^)v

PageTop

学習塾

この夏から、中2になる娘が学習塾に通うこととなった。

親の勧めではない。

娘自身が自分の学力を分析し、高校進学を見据え、自分で決断したのだ。
もちろん、学友の誘いもあったかもしれない。

塾は森塾というところ、個別指導がメインで、看板にはテスト20点アップ保証という文字が躍る。

10月16日(土)
娘からの依頼により、急きょ、授業料の銀行振替用紙を届けるため、自分が塾に初めて赴いた。

びっくりした。(@_@;)

講師と思われるスタッフ全員が白衣を身に纏っていたのだ。
目を丸くしたまま帰宅。
娘に聞くと、「私も初めての時は驚いた。歯医者さんみたいと思った」とのこと。
どのような理由で白衣のユニホームにしたかは、定かではない。
自分は仕事柄、白衣は見慣れているが、塾で見かけるとは思わなかった。

まぁ、何にせよ。

自分で考え、自分で決めて、自分で決めたことを実行する。

20点上がるかどうかより、
この姿勢が自分は凄く好きです。

我が娘ながら、見習わないといけないなぁぁぁ。。

PageTop

南木商店

何度か書いたが、我が街はラーメン店激戦区。
様々な個性豊かなラーメン屋が点在する。

そんな環境の中、今年の春及び夏に新たな個性あるお店がオープンした。

春が、魚骨スープが看板の「鈴木さん」というお店。
夏が、本格的な九州ラーメンが看板の「南木商店」という店。(なみきと読む)

んで、本日のブログは「南木商店」のご紹介。

もうすでに3回食べに行きました。^^;
クリーミーな豚骨スープに背脂が浮く、麺は極細のストレート。豚骨特有の臭みは自分に感じられなかった。
キクラゲも入ってます。

こんなのです。
201009131056360d9.jpg

カウンターやテーブルにはフリートッピングで、紅しょうが・高菜・辛もやし等が置かれている。

麺の硬さは細麺ストレートに限り、7段階に分かれる。これにはびっくり(@_@)
硬い順に(粉おとし)(はりがね)(バリカタ)(かため)(普通)(軟らかめ)(フニャ)なる。
写真のとおり
20100913105719911.jpg

バリカタやかためを頼むお客が多いようだが、捻くれた自分は今度はフニャを頼んでみます。

PageTop

十三人の刺客

10月10日(日)
いつもの映画館で、いつもの準備と干し芋片手に、レイトで、『十三人の飛脚』をで観てきました。
この映画はお江戸日本橋から大坂堺までの13人の飛脚たちの物語。
飛脚同士の心の葛藤を描いた・・・・・????

なんてね ^m^ 

最近、ダジャレに凝ってまして、悪ふざけです。。

訂正します。『十三人の刺客』を観てきました。

物語のストーリーはシンプル。
残虐非道の暴君に対して、13人の男たちが暗殺するお話。

宿場町での13対300人以上の戦いは圧巻。約1時間弱の間、迫力あるシーンが繰り広げられる。


この暴君を演じるのがスマップの稲垣五郎君。
とんでもない暴君じゃないと、暗殺という大儀名分の設定が甘くなるけど。。。。

ははははは、そんな心配必要なしでした。

彼の無表情で殺戮と陵辱の繰り返しは、観ている者たちを震えあがらせます。
R15指定仕様、目を背けたくなるシーンが続出。
元々、無機質且つ無表情な悪役を演じさせたら、絶対に映えると踏んでいたが、正にどんぴしゃでした。
今後、このような役のオファーが殺到しそう。

余談だけど、永井豪作品、バイオレンスジャックに出てくる「人間犬」を思い出しました。(ガキの頃のトラウマです)

ここからはネタぱれあります。注意!!!

もちろん映画です。よって、暴君は刺客の手によって討たれるよね。
でも、テレビ時代劇みたいに「めでたし・めでした」「は・は・は」みたいな結末にはしなかった。

ラストシーン。
生き残った刺客のひとり、山田孝之君演じるお侍が戦いの場、敵味方の死体が転がる宿場町を彷徨い歩きます。
映像はワンカットで、(長回しで)台詞はない。
そこには、暴君を討ち取った喜び等、全くない。
むしろ、骸となった敵味方を観ながら、殺し合いの悲惨さ・虚無・意味のなさを彷徨う歩行で、切実に語っていると思えた。
もし、このシーンで山田君が天にむかい、涙し、虚しい咆哮をしたら、自分は号泣していたかもしれない。
自分の名シーン倉庫に収納予定。

映画としての自分の評価は星4個。

しかし、残虐シーンも満載。観ることのお勧めはできない。

PageTop

老眼?

ここ数カ月。
目の調子がなんか、変。
気が付いたら、無意識で、本を遠ざけたりして、目の焦点を合わしている。

思えばガキの頃から、視力は、ずぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅと 1.5。
最新の視力検査結果は、相変わらず1.5なんだけど。。。

これって・・・もしかして・・・老眼かよ!!!!

んで、我慢の限界。
あくまでも、試しとして、
昨日、100均で、老眼用のメガネ購入しました。(^0_0^)
メガネは1.0度~3.5度まであり、試し掛けの結果。1.0度にしました。

複雑な心境。。。。。。。。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。