徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おおかみこどもの雨と雪

7月21日(土) 公開初日
いつもの映画館で、レイトで、映画『おおかみこどもの雨と雪』を観てきました。
映画館に到着したのは上映開始約15分前の20時25分頃。
チケット売場には約10名位の列がある。
購入後、シアター内へ、中央に位置する席はほぼ満席状態だ。
マイシアターでは大盛況の部類。

観終えた後、
時々ブログにコメントを寄せてくれる なとよーいの会話のやりとりを紹介する。

な「映画、面白かった?」
よ「面白くは、なかったよ。」
な「そうなの。つまらなかったのね。残念だったね。」
よ「つまらない?そんなことは言ってない。面白くは・・・ない ということだよ。」
な「え、面白くない と つまらない って同じ意味でしょ?」
返答に困ってしまった。なの言うとおりだから。

だが、今作を評価する上では「面白い」という言葉は適切でない気がする。
どんな評価の言葉が適切か・・・・・・?

「味わい深く、心に少しずつ染みてくる作品」なんか意味不明だと言われそうだが、そんな感じ。。

今作は狼男が登場する設定について、非現実的なことだが、それ以外の話の内容は人間世界の日常でもよく起こりうる現実的な感じが自分にはした。子を持つ親であれば、誰でも似たような経験があると思うシーンがあちこちに散りばめられている。また子供の成長とともに実は母親も母として成長していたという事実は凄く共感できる。
月日とともに母親が逞しくなってるものだよね。

また、「生きていくこと」の中で、人間って、就学やら就職やら結婚やら等等、いろんな場面で人生を大きく左右する選択をし、また決断しなければならない。今作では2人の子供達が人間として、狼として、どちらで生きていくのかを選択し決断をする。それに葛藤も覚える母親が、最後には温かく2人の決断を尊重する姿も素敵に思えた。

☆評価は四つ。
良作だから、あえて重箱の角をつつく。
映画前半部分が、間延び気味で退屈なのが減点1の理由。

予告(今作は予告を観ても作品のクオリティが下がりません。※注 よーいの主観)




以下 ネタばれだけど、なんか書き綴りたくなった。映画観に行く予定の人は読まないで下さい。

①ひとりの少女が恋した相手が実は狼男だった。
②授かった子供達も父親と同じ狼と人間のふたつの生を受け継ぐ。
③父親(彼)の不慮の事故と思われる死。
④人の目が多い地域での生活に限界を感じ、少ない地域と思われる田舎に移り住むことに。
⑤ボロボロな民家に居住決定する。
⑥母と娘(活発)と息子(内気)の田舎生活が開始する。
⑦自給自足を兼ねて、畑を始めるがうまくいかない。
⑧懸命に畑に取り組む姿勢に、気難しそうな老人が畑の指導を開始する。
⑨畑が順調に上手く行きはじめる。
⑩老人の指導を境に地域の人達と少しずつ交流が深まっていく。
⑪娘の雪が小学校に入学する。(元気ハツラツ)
⑫息子の雨が小学校に入学する。(馴染めず)
⑬母親は観光の人達に山の自然を説明する仕事に就く。
⑭雪のクラスに転校生(男子)が来る。
⑮転校生からケモノの匂いがする指摘を受け、雪は転校生とうまくコミニケーションが取れなくなり、詰め寄る転校生に狼の爪で引っ掻き、怪我をさせてしまった。
⑯雨は学校に通学しなくなり、山の中の先生と呼ばれる者(狐)に頻繁に合い、自然とは?山とは?等、様々なことを学ぶようになる。
⑰猛烈な大雨の日、雪は転校生に自分は狼でもあることを打ち明け、姿を見せる。
⑱猛烈な大雨の日、雨は山に入る。先生は足を怪我して、命がこの先長くない。誰かが先生の跡を継がなければならないことを母親に告げる。
⑲母親は雨が山から戻らないのではという思いから、山の中に入り、雨を捜索する。
⑳母親が山の中で遭難する。
21雨が母親を救助し、麓の駐車場に連れて行き、横に寝かす。
22母親気がつく、雨が母親に背を向け、山へ入る。
23母親は雨が狼として、山の中で生きていくことに、エールする。
24雪は人として、生きていくことに、中学校に入学する。
25時々、山から、雨と思われる遠吠えが聞こえてくる。
お終い

スポンサーサイト

PageTop

BRAVE HEARTS 海猿

7月14日(土) 公開2日目
いつもの映画館で、レイトで、映画『BRAVE HEARTS 海猿』を観てきました。

本当は観に行く予定ではなかった。
海猿と言えば、どうせまた、これまで同様のお決まりパターンで、ベタな展開が続き、ラストの落ちの海中水没からの脱出シーンも、また同じ手法で助かるんだろうと予想できてました。
しかし、自分が信頼するヤフーのレビュー採点があまりの高評価(現在も総合評価4超え)のため、急遽予定を変更し観に行くことに。

上映開始。

観終えて、自分は失笑しました。
思っていた通りだったからです。
迫力ある映像には心奪われるシーンも多々ありましたが、内容がもう無理です。自分はついていけなかった。
思い返せば、前作の3では、俳優濱田岳が少しとぼけた役所を演じていたため、ベタな展開でも、とぼけたシーンとの相乗で、違和感を抑えることができてたんだけど。今回はそんな役回りの人も皆無で、ベタな所は違和感感じまくりでした。

例えが悪いかもしれませんが、
邦画では「寅さん」「釣りバカ日誌」とか、毎度のお決まりパターンの演出を何度観ても楽しめる輩でないとこの映画は楽しめないと思います。

予告(この予告も観ても映画のイメージは変わりません。よーい評)


星はCG技術は良かったと思うんで、ひとつおまけ2個です。

PageTop

パソコン復活しました。

7月21日(土)夕方6時頃に携帯電話にヤマダ電機から連絡が入り、修理完了したとのこと。

すぐに取りに伺う。

修理箇所はメイン基盤の交換と左側USBコネクターの破損とのこと。

修理窓口の担当おばちゃん曰く、
「破損があると、無償保障にはならないので、メーカーに対して、破損の一文を抜いてくれと交渉したけど無理だった」とのこと。

はて?このおばちゃん 何が言いたいん?

続けて、「有償だと修理しなかったのに、とか言われても困るんで、どうにか無償にと話をつけました。」

要は、私の力でどうにか無償にしましたと説明したかったみたい。
ひと言余計だな。
言いたくなる気持ちはわかるが、それはお店側の内部問題、お客様に伝える必要ないやんか。

修理して頂き感謝の気持ちよりも、なんか釈然としない気分に陥りました。

まぁ、何にせよ。戻ってきた。

心配おかけしました。(^^)v

PageTop

パソコン壊れた。

7月11日(水)
午後11時頃帰宅する。

自分のノートパソコンが電源が入ったままである。画面は真っ黒状態になっていた。
あれ、電源入れっぱなしだ?娘が使ったかな?省エネモード中?

クリックしても、エンターキィー押しても画面が真っ暗状態のままだ。
娘から「お父さん。パソコン電源入れても、画面が真っ黒状態」との報告を受ける。

ああ、そう言えば去年の7月にもこんな状態になって、修理したことを思い出した。
去年の記事 ← クリックすると飛びます。

去年とほぼ同様な故障だ。
この時は結局3週間くらい修理に時間がかかった。
物は2009年8月に購入した。TOSHIBA制てダイナブック。
5年保障を組んでるからまだ買換えするつもりはない。
保証書を手元にあるから、早速ヤマダ電機に持込みます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。