徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

沖縄へ

10月3日(水)4日(木)と1泊2日で、自分の人生で初めて、沖縄に行ってきます。
目的は4日の午前中に沖縄コンベンションセンターにて、厚生労働大臣表彰の授賞式に参加するためです。
多年にわたり、地域で活躍?が認められ、全老健という全国組織から受賞対象にあたると7月にお話があり、地元船橋市に推薦書を提出し、先週受賞が決定したとの連絡が入りました。

せっかくの沖縄\(^o^)/。
当初は決定したら、ついでに沖縄観光をしようと目論んでました。5日間は滞在しようかなと・・・

しかし、そうは話はうまく進まないのが世の常だよね。

仕事で、どうしても10月5日の日は外せないこととなり、結局3日の夜は沖縄、4日の夜には千葉、という強行スケジュールとあいなりました。

現在観光情報としては、宿泊するホテルはモノレールの県庁前駅のところで、近くに首里城はあるみたい。
それのみです。^^;

何かこの強行スケジュールでも、良い情報があれば教えて下さい。
沖縄の夜の情報もウェルカムだよ。(笑)

スポンサーサイト

PageTop

鍵泥棒のメソッド

9月16日(日)
いつもの映画館で、レイトで、映画『鍵泥棒のメソッド』を観てきました。
映画館に到着したのは上映開始同時刻の20時45分頃。
席はお決まりの場所を指定し、すぐに劇場内に入場する。

上映開始。。

上映終了。。

見終えて、まず思ったのが、

普通

面白くなかったわけではない。見所も多い。
特に堺正人・香川照之・広末涼子が、それぞれ売れない自殺に失敗した役者・完璧すぎる殺し屋・計画的すぎる雑誌の編集長を演じるが、個性あるキャラクターを見事に、3人の絡みの絶妙であるとも感じた。
自分が気にするヤフーの映画評価も高く。現時点で4.22という抜群の高評価である。(5点満点中)

自分は映画館で映画を楽しむことが大好きな人間である。
よって、映画館だからこそ、楽しめた何かを求めてしまう。

今作は映画館まで足を運んでまで観たくなる何かを残念ながら感じることができなかった。
要はレンタルDVDでも・・待てるなら無料動画として配信されてからでも、みるのは遅くない。

よって、評価は3つ、ふつうです。

予告(今作は予告を観ても作品のクオリティが下がりません。※注 よーいの主観)

PageTop

るろうに剣心

9月9日(日)
最近の夜更かしが祟り、目覚めたのは午後1時半頃。
久しぶりに長時間、熟睡してしまった。^^;

やばい。間に合うか?
実は映画『るろうに剣心』をマイシアターで、午後3時35分上映の回を観ようと前日の晩から計画していた。
飯を食べてる暇はない。電車とバスの利用だとを間に合わないかも。
よって、慌てて準備し、車でマイシアターへ向う。
日曜日のこの時間なのに、驚くほど道路の混雑は全くない。助かったわ。
映画館に着いたのが午後3時少し前。
多くの開場待ちの人でロビーは賑わってたが、チケット売場は閑散としてた。これも助かった。最近お決まりの前方の席を指定し、貯まってたポイントで購入する。

上映開始時刻まで、約30分ある。ここで小腹が減っていることに気づく。
そう言えば、マイシアターの1階に回転すし屋があったはず、数皿を腹に入れ、腹の足しにするかと
『やまと』という回転すし屋に入る。
・・・・うん・・あれあれあれ・・・あれれれあれれれ
回転すしと思って、お店に入ったのに・・・普通の寿司屋でやん。回ってないやん。(@_@;)
店から出るわけにも行かず、1500円のお勧めセットみたいなのを注文する。
うん。あら、美味い。想像以上に美味かった。結果オーライか?!(^^)!

上映開始時刻と数分前に入場する。

いつもの準備をし、席に着く。

上映開始。

上映終了。

まず、思ったこと。

すげーーーーーカッコいい



すげーーーーー痺れたぁぁ

男の自分が言うのも変だが、子宮に響く作品。

この原作は自分は全く知らないが、漫画喫茶で読んでみたくなった。

・アクションシーン殺陣(たて)がまず最高。
・主要出演者全員をキャラクターごとに解りやすく設定している。要は、風貌・衣装・武器・性格・髪型・口調などなど、細部まで考えて差をつけ、設定している。凄く丁寧に人物ひとりひとりのキャラがたつようにしている。この効果により、初めて観る自分にとっても、キャラクター同志が被って観にくくなることなく、本当に観やすかった。このような丁寧な作品の作り方は自分は大好き。
・少しネタばれ。
(佐藤健扮する緋村剣心は映画全般で常に冷静沈着、話口調も心穏やに終始するのだが、ラストの戦いのシーンで、過去の「人斬り抜刀斎」と呼ばれた狂気を一瞬だけ晒すんだわ。この冷静沈着から狂気に変わるシーン自分にとって、この映画の中でベストシーンかも、本当に痺れた。)
・エンドロールにエンディング曲(テーマ曲)が流れはじめる。英語歌詞の歌だ。すげー良い曲だ。作品イメージと合うなと聞き入っていた。あれ、ところどころに日本語歌詞が・・ぇぇぇぇぇぇ・・・日本人誰々誰々誰々なの?
「ONE OK ROCK」の『The Beginning 』という曲でした。滅茶苦茶カッコいい!!!!

評価の星は、剣心と薫の出会いシーンを筆頭に脚本が少しあっさりしすぎの感はあります。
が・・映画全体のクォリティとしては自分にとっては些細のことです。

よって 5個満点です。

もう一回、間違いなく 観に行くつもりです。(笑)

予告(今作は予告を観ても作品のクオリティが下がりません。※注 よーいの主観)


主題歌「ONE OK ROCK」の『The Beginning 』


追伸(9/22現在)
マイシアターではレイトでは上映されなくなってた。観に行けないやんか・・・・(>_<)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。