徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゼロ・ダーク・サーティ

2月17日(日)
仕事で千葉市内にある某所にて、ミニ就職フェアーに参加する。
介護関連事業に就職希望する人達との面談会である。
自分は事業者側の採用担当職員の立場で、就職希望する7名と約3時間を面談した。
千葉県における介護関連の人材不足は深刻な状況である。
いかにこの業界に引き込むかが重要。面談内容は人それぞれだが、丁寧に丁寧に1人ずつ応対した。

午後4時に終了。

さてと、せっかく千葉駅まで出てきた。
このまま帰宅はもったいない。
近くの京成ローザという映画館に出向いた。
観たい映画や上映開始スケジュールを事前に調べていたわけではない。
時間の都合が合えば観るかなと、軽い気持ちであった。

上映開始17時5分。作品名『ゼロ・ダーク・サーティ』を観ることにしました。
待ち時間は約40分くらいか?
チケットは近くの金券ショップで、映画館京成ローザ専用上映鑑賞券を1,400円で購入する。
あと、遅い昼食を吉野家のですまませました。

10分前にキャラメル味のポップコーン300円ともにシアターに入場する。

上映開始。。

上映終了。。


観終えて、暗澹たる気持ちしかない。
終始一貫して、重苦しい空気がスクリーンから流れ続ける。

一般的に、人は具体的な目標を掲げ、その達成のためにあらゆる手段を講じ、また年月をかけ、その上で目的が達成した際は、喜びに満ち溢れるのものである。
しかし、今作からそんな喜びのシーンは一切感じもさせない。

911直後ならまだしも、
2011年5月の時点で、ビンラディンを殺害しても、何の意味もないことに、多くの人が気づいていた。
だが、アメリカは一度振り上げた拳を振り落とす術しか持ち得なかった。

ラストシーンは凄く印象的でした。(ネタばれ注意)
今作の主人公でありビンラディンを追い詰めたCIA女性分析官マヤ。
殺害確認後、ラストシーンの輸送機の中で、パイロットからどこへ?の問いに、
彼女は何にも返答ができず、虚空を見つめながら、ただ、ただ、涙だけが頬を伝わります。
これが正に今作のテーマだと自分も思います。
これは彼女だけに問われたではなく、映画を観ている人及び世界中の人に問われている気が自分にしました。

もう、答えの見つからない泥沼の中に世界は足を突っ込んでいる。
今作は訴えかけています。

アメリカ中心ではない、何らかの新しい処方箋が必要と。

観終えて数日経過しましたが、自分の暗い気持ちは継続中。

今作は暗い気持ちに浸りたい人のみお勧めします。

星は映画としての出来栄えは良く
4つとさせて頂きます。


予告(今作は予告を観ても作品のクオリティが下がりません。※注 よーいの主観)


スポンサーサイト

PageTop

脳男

2月9日(土)
いつもの映画館で、公開初日のレイトで、映画『脳男』を観てきました。

上映開始時刻は20時40分。
5分前にキャラメル味のポップコーン350円ともにシアター7に入場する。

館内は 閑散としている。
275席だが、観客は30人にも満たない感じ。

上映開始。。

上映終了。。

ひとつの映画作品として十分に楽しめる内容であった。
そう、楽しめたんだがら、それでいいんだけど・・
観終えて、何とも言えない後味の悪い気分に陥った。
その原因は、今作は他の映画をパクッたのでは?と思える酷似シーンが多々あるのだ。

自分はこの数年間、毎年20作品以上の映画を映画館で観続けている。
その自分がこんな気分になったのは初めてである。

一例だけ あげさせて頂く。

ラスト近くの地下駐車場内での戦闘シーン。
主演の生田君が犯人役の二階堂さんの首を絞めて殺そうとする。
んで、そこに松雪さん扮する精神科医が止めに入る。

この一連のシーンが、
自分には昨夏観た「るろうに剣心」の佐藤健君と吉川さんの戦いのシーンで、
健君が吉川さんにトドメをさす時に武井咲さんが止めに入る。

あまりにも両シーンが似すぎて、我が目を疑いました。

疑いの気持ちになると、あのシーンもこのシーンも・・もしや?と思ってしまう。
シーンをいちいちあげるつもりはないが、
映画作品としては
「告白」「愛のむきだし」古い作品では「ターミネーター」と 激似と思えるシーンもあったと思ってしまった。

映画としては前述のとおり楽しめたんだけど・・
後味の悪さが残ってしまった。

もちろん 自分の思い違いと信じたい。

星はそんなことなんで
2つとさせて頂きます。


予告(今作は予告を観ても作品のクオリティが下がりません。※注 よーいの主観)

PageTop

レ・ミゼラブル

2月1日(金)
いつもの映画館で、レイトで、映画『レ・ミゼラブル』を観てきました。


上映開始20時10分の3分前に館内に入場する。
左手にはこれを持って、
2013020120120000[1]
キャラメル味のポップコーン350円。\(^o^)/

館内は 人人人人人人だらけ。。。ぼぼ満席といえる盛況ぶり。
週末の金曜日と毎月1日は映画1,000円の日が重なった影響もあるだろうが、
公開後、一月以上経つのに・・・・ちと、この現状にはびっくり(@_@;)
アカデミー賞8部門にノミネートされた影響もあるのか?

上映開始。。

役者達のセリフが・・・・・ほぼ 歌歌歌歌歌歌歌歌 やんかぁ。。
みんな歌がお上手。

革命戦闘シーン・・・この結果は泣くよね。
ただ何故?革命が必要だったのかが・・イマイチ自分に伝わらない。
多分、多くの市民が王朝から、迫害が繰り広げられているシーンとか皆無だったからね。
ノリとしては日本の学生運動とダブってしまった?
革命前夜に学生同士、公に酒を飲んだり、恋ができたり、
これって平和で自由がそこにあるからこそ、できるんでは?と。

上映終了。。

作品として、凄く秀逸に計算され尽くした作品。

セリフを歌にする効果は出てたね。
セリフであれば数秒で終わるシーンも、歌にすると数分となる。
よって、観客にはより長くセリフの意味を考える時間を与え、刷り込みもしていく。
結果、観客の心により深く浸透していく。
もちろん歌が下手だったり、セリフ(歌詞)が複雑だったら、それは論外だけどね。

今作の上映時間は158分。
セリフが歌なので、当然だが上映時間が長くなる。
しかし、感情移入できれば、それは観客にとって、たいした問題にはならない。
主要な配役達いろんな立場を踏まえて、感情移入できるように仕上げてるんだわ。
この作りかたは本当に上手いよね。

実は、
当初は観る予定作品ではなかった。

ミュージカル映画『バーレスク』を映画館で鑑賞して以来、
自分にはミュージカル映画が不向きと思っていたからだ。
理由は映画の構成上、歌を中心にするために、その他の部分、特に脚本が陳腐になってしまうからだ。
評価も歌の素晴らしさが先に立ち、肝心な映画としての評価がしづらくなるからだ。

ただし、今作は「革命の歌」(勝手によーいが名づけた)以外は、
先にセリフがあり、それに曲をつけている。
歌を中心に添えた作り方はしていないのだ。

ミュージカル映画の括りは自分はわからないが、ミュージカルというより、
オペラのテイストをより強く感じさせてくれた。

星は四つ
秀逸で多くの人から賞賛される作品であるのは物凄く納得できる。
ただし、やっぱり自分はへそ曲がりなのかな?
革命の歌 以外は 似たような曲調ばかり、もう少しバラエティに富んで欲しかった。
時代考証から、ロック調の曲とかはNGなんだろうけど・・・・あえて、挑戦しても良かったんでは?
若干似たような曲ばかりで飽きた分、ひとつ星を減らした。

予告(今作は予告を観ても作品のクオリティが下がりません。※注 よーいの主観)


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。