徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

風立ちぬ

7月21日(日)
前回のブログの最後で述べたとおり、映画のハシゴです。
20時上映開始の『風立ちぬ』を観ました。

画はジブリ独特の色彩豊かな味わいを感じさせるとともに、ご存知かもですが、風を体感させてくれるジブリテイストもあちこちに散りばめられている。画は本当にキレイ・・この言葉しか見つからない。
音楽は全く衰えを感じさせない久石クオリティに驚嘆。
エンディング曲は荒井由美の『ひこうき雲』。澄んだハスキートーンが、映画の内容ともマッチし、本当に素晴らしかった。

そんなことを感じつつも、
実は上映中は、自分はずっとイライラしていた。退屈で退屈でしかたなかった。
理由は明白。構成及び脚本に、メリハリが無いのだ。
淡々と淡々と静かに静かに時が経過していくが如く、今作も進んでいく。山場や見場を作品の内容から見つけることが最後までできなかった。

そんな思いだったのに・・・
エンディング曲が流れるともに、自分の目から涙が溢れ出して止まらない。
あれれ、なぜだ。退屈で堪らなかったのに・・なぜ、涙が出てくるのだ。
自分は毎年年間、映画館で約20作品以上の映画を観ます。
その自分が今までに経験ない涙の流しかたをしました。

大正~昭和にかけて、飛行機に憧れ夢を抱き、生きた男の自伝映画。
空想・妄想・夢のシーンをあちこちに盛り込みつつ、
ベースとなるシーンは、日々、与えられた仕事に黙々と取り組む姿を描いている。

プライベートでは関東大震災時に、遭遇した女性と再会し、恋に落ち結婚する。

仕事に精出して、恋して、結婚して・・って
あれ、これって・・
我々の日常と、時代背景の違いはあれ、変わらない。。。

公開前の宮崎監督に対するNHKのインタビューを思い出した。
ファンタジー作品はもう撮らないんですか?という問いに対し、
「自分の映画製作の基本は、現時点で、観客が何を求めているかである。よって、今はファンタジー作品を求められていない。今、求められている思う作品がこれです」と。
うろ覚えで正確性は欠くが、こんなやり取りであった。

自分の人生・・自分なりにはたくさんの経験をつんだつもりだが、
傍目では、この映画同様、淡々と時を過ごしてきただけなのかもしれない。
別にそのことを自虐しているのではない。
多かれ少なかれ、大抵の人の人生って、そんなものなのだろうから・・・

それでも必要なことは、淡々とした日々を過ごしながらも、「生きること」「生き続けること」。
今作のポスターにも書かれている『生きねば。』に通じるのだと思う。

そんなメッセージが今の時代、求められていると感じとり、宮崎監督は今作を製作したのだと思う。

そう考えると淡々とした退屈な内容も、なんとなく合点がいくのだ。

涙が溢れ出た理由は、そんな監督の思いが自分の心にも沁みたせいかもしれない。

いろんな立場の人が今作を観て、どう思ったか語り合いたい。(^^)v


1,映画館でこそ、観るべき作品か?
星4個
特に綺麗な画や音に浸りたい人は映画館がお勧め。

2,映画としてのレベルにあるか?
星4個
ある。

3,役者の演技は?(今作は声優について)
星3個
エヴァの庵野氏を主人公の声優に登用。残念ながら違和感ありまくり。話題作りにはなったと思う。
その他の声優さんは特段違和感なく、とても自然で良かった。

4.総合評価
星3個
宮崎監督の思いは感じとれたものの。退屈だったのも否めず、よって星3つとします。
また夏休みと同時期公開ですが、小さな子供連れでの鑑賞には不向き。

予告(ネタバレ多数。観るのは注意。よーい主観)

スポンサーサイト

PageTop

シャニダールの花

7月21日(日)
今作は、設定とその予告の秀逸さに思わず観たくなってしまった。
また、千葉県では、自分の映画館の居場所と決めてるシネプレックス幕張のみで上映。
ここのみでしか観れないという、意味もないお得感にも釣られた感あり。

設定は、
ある植物が女性の胸の皮膚から、芽を出し花になる。
その花には、特殊な成分が含まれている。
その成分は製薬会社にとって、大変に価値ある物。
女性の胸に宿った芽を花になるまで、育てる施設がシャルダーニと名づけられている。

予告は

なんとく、綾野君も良い感じだし、興味ひかない?

上映開始時刻は17:20。
貯まっていた映画ポイントの利用で観ることにする。

観終えて思った。

観たのは失敗だった、 と。^^;

映画とは虚構の産物と思っている。
よってリアリティのない設定やシーンがあっても、自分は全く気にならない。
ただし、作品中での辻褄が合わせが絶対に必要不可欠。
今作はその辻褄合わせができていないのだ。

例えば、
綾野君は新入り女子研究員と恋人同士となる。
だが、その恋人となるやり取りシーンが一切なく、いきなり愛睦まじい恋人同士になっている。
自分が、観過ごしたわけではない。
また、女性の胸に咲く花も映画の終盤では普通に土から芽を出し、花が咲いてるし・・・

うーん。。なんなんだこの脚本に構成は、破綻してるやんか。

1,映画館で観るべき作品か?
星1個
映画館だけじゃなく、DVDでも観る価値はない。
綾野君さえ、映ってれば楽しめる人のみ勧めれる。

2,映画としてのレベルに達しているか?
星1個
達していない。
この監督さんの作品は自分はもう観ないだろう。映画制作の基本をもう一度勉強すべし。

3,役者の演技は?
星2個
破綻している内容のため、役者達には同情する。

4.総合評価
星1個
多分数ヵ月後は内容を忘れ、更にその数ヵ月後に今作を観たことさえ忘れそうだ。

観終え、時刻は19時15分頃・・・・
なんか、このまま帰宅する気も起きない。

よって人生初体験の・・

映画のハシゴすることに(^○^)
20:00からレイトで上映するジブリ最新作『風立ちぬ』を観ることにした。
日曜日のレイトなので余裕で座れると思いきや、なんとすでに両隣が空いている席はなかった。
ジブリ人気・・オソロシヤだわ。。

PageTop

ペヤング ぺぺロンチーノ風

ペヤングソースやきそば。
自分はこれが大好き。

時々、期間限定で風変わりなやきそばを出している。
知人に明太系のペヤングやきそばを勧められ、
コンビニで探してみた。
既に置いてない模様。
代わりに『ペペロンチーノ風』があり、早速購入し食す。

こんなのね。
2013071913170001[1]

食して、思った。。


まままま まずい。(>_<)
激まずいぃぃぃぃぃ。。

味の表現もみつからない。

もう、期間限定品のペヤングに、手を出すのは止めたと 固く誓う。。

PageTop

真夏の方程式

7月7日(日)
アップするのに1週間も、経ってしまった。

マイシアターで、貯まっていた映画ポイントで、映画『真夏の方程式』を観てきた。

映画館に着いたのは午後3時半頃、館内は人だらけの大賑わい。
入場待ちに長蛇の列。モンスターインクの入場待ちみたい。

前々日、関東地方には梅雨明け発表と同時に、猛暑が襲いかかっていた。
その影響もあってか、日曜日の午後は涼しい映画館で過ごそうという輩が多いためか?

今作は観る予定でなかった。
が、前日の土曜日午後9時から土曜日シアターで、今シリーズの前作である『容疑者Xの献身』を観てしまった。
内容が面白く、久しぶりにテレビの映画の放映で、集中力を持ち続けて観ることができた。

その流れで、今作を観る事にしたのだ。

Xの献身と同様に最後まで、集中して観れたのだが・・・
なんとなく・・違和感・・・。
そう、今作のプロットが前作のXと全く同じなのだ。
昨日観たものを、もう一度設定と役者と愛する対象を娘に置き換えて、撮り直しただけなのだ。

シリーズ物だから、それで良しとすべきなのか?、
前作から5年。
そうだね。5年ぶりに観たのなら、このような違和感は生じなかったかもだけど・・
なんせ、昨日 観たばかりなんでね。^^;

シーンでは、福山さんと少年との絡みの中で、防波堤でのペットボトルロケットを駆使し、海中撮影シーンが凄く良かった。なんか、親子で科学の実験って感じして本当にほのぼのした。

1,映画館でこそ、観るべき作品か?
星3個
綺麗な海を味わいたい人は映画館で観るべきかな。
それ以外の人はレンタルかテレビ放映でも構わないと思う。

2,映画としてのレベルに達しているか?
星3個
達している。
この監督さん映画製作手法は凄く丁寧だ。
細かく判別しやすい伏線を張る技術力は高い。
しかし、この丁寧さが、時として、作品の流れ(テンポ)を悪くする。

3,役者の演技は?
星3個
普通かな。別段、前作の堤さんみたいに、すげーと思えたしころはなかったな。

4.総合評価
星3個



予告(別段観ても影響なし。よーい主観)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。