徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

凶悪

9月21日(土)
映画「『凶悪』を観てきた。
いつもの映画館では上映されないため、京成千葉中央駅に隣接するる映画館京成ローザまで出かけた。
遠征ついでに、以前から気になってたタンメン専門店で食事をとることにする。
店の名前はわからない。白い暖簾にタンメンと書いた朱の文字だけが目立つこじんまりとした店。
店内は10席程のカウンターの他に、上がり座敷がひとつあった。
壁にはタンメンの他にラーメン・やきそば・ギョーザの貼り紙がある。
店員は中国人と思われる女性2名であった。

先客はカウンターに3名。自分もカウンターに座る。注文したのはもちろんタンメン。価格は500円也。
2013092120280000[1]

味は500円相当の味。^^;
まずくもなく美味くもない・・期待以上の出来ではなかった。ちと残念。

映画館京成ローザはイースト館(東)とウエスト(西)館のふたつに分かれる。
建物も別棟となり、駅を中心に東と西に分かれる。シアター内の雰囲気も全く異質である。
ウエスト館は建物自体が非常に古く。一昔前の映画館。チケット売場も売店を兼ねている。
錆びた感じの情緒ありともいえるが、自分は新し目のイースト館のほうが好き。
今作はウエスト館での上映であった。

2階の受付ロビーに着いたときは上映と時間となっていた。
チケット売場には1人もいない。慌ててレイト料金1,200円を支払い適当に席を指定する。
100席のうち30席程埋まっている。(席を指定する際に指定済みの席数がわかる)

時刻は午後8時40分。
4階まで階段で駆け上がってシアターに入場する。
うわぁぁぁ。まずは強烈な冷房の効き具合に声がでた。
指定した席に着くが、冷房の風を直に感じるため、カニ移動しながら感じない席までする。

予告が終わり、本編上映開始となる。

最初にスクリーンに『今作はフィクションです。』との文字が映し出された。

作品のあらすじは
死刑囚須藤(ピエール瀧)が明るみにされてない3件の殺人事件をジャーナリスト藤井(山田孝之)に告白する。
その3件の事件は須藤が先生と呼ぶ男木村(リリーフランキー)が首謀者であり、関わっているとのこと。
藤井は告白された内容に基き、その3件の裏を取ることに奔走する。
最終的には記事にし、木村及び保険金目当で殺害を依頼した妻・息子・嫁が逮捕され起訴される。

今作は実話小説をもとに映画化したフィクションである。
そのことは知りつつも、得体の知れぬリアルな恐怖を感じてしまう。
要は自分の身に、もしかしたら起きうるかもしれぬという恐怖だ。
その理由は作品からは現実を感じるからだ。
作品構成は凄惨な殺人シーンの合間に現実的なシーンをはさんでいる。

現実シーン列挙すると
住まいは木村は一戸建て、須藤はアパートとかな?車も普通。身なりも普通。贅沢な生活感はない。
2人とも娘がいる。
両家揃ってのクリスマスパーティーシーンでは、就学前の須藤の娘にランドセルプレゼントしたりする。
その娘が高校生の姿をちょい出しさせる。
須藤は情婦からは情には熱い人と思われている。
ジャーナリスト藤井は妻と重度の認知症の母の3人暮らし。
妻からは母の認知に耐えられないことを告白されるが事件を追うことに夢中となり顧みれない。
母から暴力もふるわれるが、逆に暴力を振るってしまったと告白する妻。

このように日常的にどの家庭でもありえるシーンを合間にいれる。
これにより、日常的生活の延長線上に、殺人事件もあるのだと想起させる効果を感じた。

似た作品の中には北野監督のアウトレイジ、三池監督の悪の教典、園監督の冷たい熱帯魚、古いとこでは深作監督のバトルロワイヤル。これらの作品は確かに恐怖も感じるのだが、今作ほどの現実感はない。
所詮は作り話であるから、現実的にはありえないと思っている。

今作はその逆である。現実的にもありえることなのだと・・と感じさせてくれる。

星評価は

構成の秀逸さに監督の手腕を感じざる得ない。
回想シーンを映画半ばからという映画制作ではみたことのない構成手法も好感がもてた。

ラスト近くの裁判シーンで、須藤が殺人事件を告発した本当の理由は、新たに殺人事件を告発することで、死刑執行の日もまた遅らせることができる。それが本当の狙いであったことがわかる。
つまり生きることへの執着からの、告発であったのだ。

また
この裁判が終わった・・別の殺人の告発しそうだ。


予告(予告を観ることにより、今作鑑賞の質は下がらない※よーい主観)




スポンサーサイト

PageTop

共喰い

9月7(土)
いつもの映画館で、公開初日のレイトで、『共喰い』を観てきました。
今作の原作は2012年の芥川賞を受賞した小説家田中慎弥氏の原作の映画化である。
そう、あの「芥川賞・・・貰っといてやる」発言し、一躍、時の人となった人物。

舞台は山口県下関市、性と暴力を題材とした作品。
セックスしながら、殴ったり、首絞めたり暴力的な性癖を父に持つ息子が主役。
自分も父と同じ性癖を持っているのでは?と葛藤する。
R15指定のため、目を背けたくなるようなシーンも覚悟して鑑賞にのぞんだのだが・・

観終えて、
作品のテーマとしては、悪くはないとは思うのだが、感心するほどの出来映えでもなかった。
セックスと暴力シーンを衝撃的に描写にしないと、父親の狂気性が際立たない。
よって、父親に対し反旗する説得力がかけている。
息子の彼女を強姦するシーンの映像描写を端折ったのは失敗だろう。

今作は登場人物以外は全くスクリーンに登場しない演出方法である。
このような演出だと 町が閑散として映り、無機質な町に自分には映る。
よく、映画やドラマの舞台となった地に作品を通して訪れたいみたいな等の衝動はない。
逆に、なんか絶対に行きたくない街に感じてしまった。

作品評価は星みっつ。

可もなし不可もなし。そんな感じ。


予告(予告を観ることにより、今作鑑賞の質が下がらない※よーい主観)

PageTop

風立ちぬ その後 の その後

自分は映画評論家を生業としているは輩は大嫌いであった。
映画関係者との利害関係を抜きに論評なぞ、できないと思っていたからだ。
まして、何らかの利益享受されたなら、その作品を駄作扱いは絶対にできない。

だからこそ、利害が一切関係ない素人の集まりのヤフー映画レビューが好きなのである。

そう・・ずっとそう思ってた。

いや、今もそう思ってるのだが・・・

たまたま、町山智浩氏の風立ちぬのTBSラジオの映画評論を聞いて唸った。

非常に明快で誰が聞いても、わかりやすく解説をしている。
そうです。評価ではなく、この映画の解説に徹底しているのです。
自分は町山氏の解説を聞いて、胸につかえた物が取れた気がし、もう一度、映画館で観たくなった。
また映画評論家も、このような映画解説者としての立ち位置だと、この仕事も成立すると考えを改めた。

ユーチューブ落ちてたの貼り付けますね。


昨日(9/6)、宮崎監督の引退記者会見がありました。
1時間半以上におよび丁寧に記者の返答ぶりに感服するとともに、宮崎駿の絵コンテありきの製作方法・製作初期段階では結末を設定しない等を聞き、職人気質の塊りのような製作方法であり、彼の後継者など有り得ない、
唯一無二の存在であったのだと思った。

一見の価値あり記者会見、長いです。そのうち消されるかも・・
宮崎駿監督 引退会見のノーカット映像 

PageTop

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

まず初めに、
前回のブログに、このアニメのエンディング曲は今作のオリジナルと記しましたが、それは誤りでした。
正確には2001年に発売されたZONE「secret base 〜君がくれたもの〜」を今作の女性声優陣がカバーでした。訂正及びお詫び申し上げます。

8月31(土)
今作の公開初日である。混雑を予想し、上映開始時間の約1時間前、午後8時にマイシアターに到着した。
予想外にもチケット売場は閑散。自分の前に2組のみ。
拍子抜け感ありだが、「シアター内は大変混雑しています」との貼り紙はあるがなんか実感がわかん。
真ん中シートの角を指定し、席を確保する。
シアターの売店では、「かきたま塩ラーメン味のポップコーン」のセット販売の1,200円が目に付く。(アニメ第1話にこの件がある)
売店に並んでいる人も1人もいない。

自分は建物内1階にゲームセンターをぶらつき、31アイスでは31%割引のアイスを食す。
コンビににも立ち寄って、ガムを購入し、ぶらついて、午後8時30分頃シアターに戻る。

閑散だった風景が一変。
人人人人・・チケット売場も売店も長蛇の列と化していた。
一気に人が押し寄せてきた感じに自分は唖然。(@_@;)

入場時にはカードど小さい箱のティッシュを頂いた。サンキュー(^○^)
半券の赤いのは配布の際に押されました。鼻血じゃないよ。(笑)(2重配布防止のためだろう)
securedownload[1]

館内は前方の席を除けばほぼ満員の大盛況。
いつ泣けても構わぬように、厚手のタオルをバックから取り出し腿に置く。

上映開始。

??????。あれれれれれ。。

観てて、少しずつ疑問符とともに、自分のイライラした感情が積み上がって行く。

・・・・・・・

理由は明白である。
2日前にテレビアニメ全11話で観た泣けたシーン再現の連続だったからだ。

観たばかりなので、懐古的な感情はわかない。
おおよそ上映時間の半分以上は回顧シーンだった。(体感的には7割以上かな)

エンドロール後に映画館まで足を運んでくれた人のサービスのつもりか??
めんまからメッセージで、上映終了となった。
これにはイライラ感を通り越して、自分は思わず失笑。
最後の最後でも、サプライズ演出に喜びというより、なんだかお茶を濁された感じ。

用意した厚手のタオルは決して濡れることはなかった。^^;

現在、今作を観終わって数日経過したが、
テレビアニメで完結した作品の劇場版を何故製作したのか?
少し疑問を抱いた。
もしかしたら、熱いファンからの劇場版製作の後押しの声があったのかもしれない。
しかし、その熱いファンがいるが故に、あの花の世界観を壊さぬためには、回顧シーンをメインとした懐古的な手法しかなかったのかな?

迷ったが、今作の映画版としての評価はしないこととした。
だって、アニメ版の総集編だから、評価する場にいない。と判断した。

このアニメの世界観は大好きなのは変わらない。
今作があることを教えて頂いたSさんには感謝 感謝です。


予告(観ても作品の質は下がることはない。※よーい主観)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。