徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ローン・サバイバー

4月13日(日)
シネプレックス幕張で、映画『ローンサパイパー』を観てきた。
開始時刻は21時20分シアター№3にて上映。

日曜日のこの時間である。ガラ空きと思いきや、10人くらいの客入り。

内容は2005年6月にアフガニスタンにて、アメリカ軍の特殊部隊がタリバンの指導者の暗殺作戦を実行中に起きた事実をもとに製作された作品。(作戦の通称名はレッド・ウィング作戦)。
作品名のローンサバイバーからくみ取れると思うが、生還できた兵士は1名。

今作の重要なポイントは偵察中に遭遇してしまった民間人への対処方法。
作戦の指揮を執る本部とは無線連絡が途絶え、現場の兵士4名でその対処を決めなくてはならない。
①口封じのため殺すか。
②解放するか。

二者択一。

解放を選択したことにより、結果4名はタリバン兵200名と対峙することとなる。


戦闘シーンが秀逸。観てて生々しく感じとれ、鳥肌がたった。
これは、銃弾が身体を貫く音・崖から転落で身体中の骨が軋む音等、絶妙な効果音の表現によるところが多い。
また、映像も戦闘シーンなのに、どアップシーンが多い。観客がそのアップになってる兵士と自分を重ねてしまう感覚になる演出による効果も感じる。


今作のテーマであるなぜ、1人だけ生き残れたのか?

そこには自分には予期せぬ事実があったことを初めて知った。
アフガニスタンの山岳に住む様々な村は、タリバンへの服従より、古くから伝わる村の掟(伝統)を重視することもあるのだ。
似た作品では同じアフガニスタンを舞台にウサマビンラディンを暗殺した「ゼロ・ダーク・サーティ」があるが、個人的には今作のほうが好きだな。

総合評価は星5個。傑作レベル。


映画館で絶対観るべき度は星5個。

前述したが、身体を貫く銃弾・軋む骨の音など、効果音の秀逸さは映画館でこそ、より一層に映えるはず。

予告。※予告観賞しても、本編観賞に影響はない思う。(よーい主観)

スポンサーサイト

PageTop

おさむらいさん let it go

おさむらいさんがやってくれた。
現在大ヒット上映中のディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌「let it go」をアコギにてアレンジ披露してくれた。

これね。

やばいやばいやばい。。
カッコいいぃぃぃぃぃ。。

PageTop

LEGO(R)ムービー

4月6日(日)
京成ローザで、映画『LEGO(R)ムービー』吹替3Dを観てきた。

千葉駅に着いたのが、18:00頃。
まだ昼食を食べてなく映画館近くの吉野家で牛鮭定食にて遅い昼飯を済ます。

京成ローザは先月映画「愛の渦」を観た時に会員カード更新の際に、無料チケットを貰っていた。
今作はマイシアターであるシネフレックス幕張では上映されていない。
前日土曜の夜、最近たまに聴くТBSラジで、宇多丸氏が映画コーナーで今作を絶賛していた。

そんなかんだの理由で、京成ローザまで、今作を観に足を運んだのだ。

開始時刻は18時40分シアターイースト1にて上映。

観客は自分を含めて6名。

上映開始し15分後、
睡魔に襲われ気がつけば目が閉じてた。
目は閉じながらも・・話しは 聞いてるぞ・聞こえてるぞと自分に言い聞かせながら・・寝てしもうた。\(^o^)/

ハッと目覚め、
視聴再開も・・5分後には また同じように目を閉じてた。\(^o^)/

再び ハッと目覚め。
多分、もうラスト近いんだろうな・・・作品が佳境となっている・・感じ・・
これからは、もう寝なかったぞ。

ラストの秀逸な展開に驚愕。寝てたくせにという指摘が聞こえてきたが、これは本当に秀逸。
おおおお、そかそかそういうことかと、納得だわ。。(ネタハレになるで言わないけど)

総合評価は星5個。
傑作レベルのはずだと思う。
なんせラストしか集中して観てないが、あのラストなら間違いないだろう。


映画館で絶対観るべき度は星4個。


予告。※予告観賞しても、本編観賞に影響はない思う。(よーい主観)

PageTop

母 退院

4月5日(土)
母は約1か月半の入院治療により、無事に退院レベルまで肺が回復し、退院した。
ステロイドの大量投与が、うまい具合に功を奏した。
副作用は、足のむくみ程度で済んだ。

母は退院を契機とし、不仲な夫とは別居生活を決意し、退院先は昨年購入したマンションに戻る。
要は独り暮らしとなる。

自分は年老いた母が1人でもマンションに住めるように、姉と妹と共に、準備しなくてはならない。

退院は喜ばしいが、また一大事である。(笑)

退院の付添・入院費の精算は姉と妹に任した。
自分は
4日(金)の夜に、マンション内に在宅酸素の機器の搬入と業者から取説を受ける。在宅での酸素量は労作時に2Lである。
5日(土)はすでに手配した、ダスキンのマンション居室清掃業務に立ち会う。(ちなみに費用は3時間で4人で隅々まで清掃していただき73000円)

午後5時過ぎにマンションに到着。

すでに購入していた空気清浄器やオーブントースター、オーブンを段ボールからだし設置した。
洗濯機はすでに注文済みとのこと。1週間先に届く。

今後は身の回りのことは姉と妹に任せて、
自分はは在宅で、様々な介護サービスの手配及び金銭の管理をすることになる。

とりあえず、訪問介護・訪問看護・訪問診療・配食サービス。
ダスキンも定期的に受け入れるだろう。


ご心配頂いた皆様方へ

入院中はいろいろとご心配の言葉を頂き、大変に感謝しております。

母は生き残りました。
独り暮らしを問題なく継続していく課題は依然残っておりますが、
所詮、なるようにしかならんとも、思ってます。
日々を積み重ね、対処していくだけです。

本当にありがとうございました。

PageTop

白ゆき姫殺人事件

3月31日(日)
マイシアターで、映画『白ゆき姫殺人事件』を観てきた。
開始時刻は18時45分シアター№6にて上映。

日曜日のこの時間である。ガラ空きと思いきや、20人くらいの客入り。

内容は美人ОL殺害事件の容疑をかけられた城野美姫(井上真央)めぐって、マスコミ、ツィッタ―等を中心に、彼女は追い込まれていく。その城野が犯人でないことは、サスンペンスのの原則論(最初に疑われた者=犯人ではない)から、上映開始直後から、感じとれるが、世間の適当さ・自己中さ・いい加減さ・愚かさは容赦なく彼女を犯人に祀りあげる。

では、本当の犯人は誰なのか?
真実はひとつしかないのだ。

そんなシンプルな作品・・・・・・・・・で、
あるはずない。
原作者はあの「告白」の湊かなえある。
真実とは何ぞや?
人の記憶の中にある真実とは、人それぞれの受け止めにより、時間の経過により、周囲の反響等などにより変わる。
また、自身で真実と思ってることも、容易に意識下、無意識下問わず、自分の都合により、安易にすり替わるもの。

真実とは人の記憶にある限り、多面的なのだ。

今作の主人公城野さえ、真実をすべて語っているとは、到底思えぬシーンで作品は終わる。

役者達の頑張りは良い。
同一シーンも、様々な表情での撮影が強いられたはず、加害者想定後、被害者想定で撮影する等等。
特に井上真央さん・・すげーとしか言えん。安心して観てられる。大女優だろう。
綾野君も良かった。彼も演技派だよね。いろんな役を本当にうまく演じる。
菜々緒さん、本当に綺麗だ。ずっと見てたい。

総合評価は星5個。傑作レベル。ただし似た映画作品としては「告白」みたいに頭抜けてはない。



映画館で絶対観るべき度は星3個。

傑作であるが、映画館でこそ、観て欲しいとは思わなかった。レンタル開始後で十分だとは思う。


予告。※予告観賞しても、本編観賞に影響はない思う。(よーい主観)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。