徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

凱旋門賞2014

凱旋門賞2014年。
フランス、ロンシャン競馬場において、
日本時間 10月 5日(日) 23時30分発走予定・芝2400m 20頭立てにて開催される。

自分にとっては15年前(1999年)に2着したエルコンドルパサーから、ずっと毎年追い続けているレース。
気がつけば、日本の競馬関係者及び競馬ファンにとって、凱旋門賞で優勝することが悲願となっていた。

昨年、一昨年はご存知の方も多いと思う。オルフェーブルが連続2着したレース。
特に一昨年はオルフェ楽勝と思いきや、ゴール前で走ることを止めてしまい、惜敗してしまった。

今年は日本から3頭が参戦する。
ジャスタウェイ
性齢/牡5
斤量/59.5kg
騎手/福永祐一
毛色/鹿毛
※現在、今年3月のドバイデューティフリーレースでぷっぎりの圧勝劇により、世界ランキングトップにレーティングされている。
今回は6月の安田記念に勝利後、ステップレースを使わず、ぶっつけと本番となる。このパターンで凱旋門賞を勝利した馬は近年では皆無である。1990年以降において59.5kgの斤量の勝馬は2頭のみ。枠は不利な外の14番枠。
現実的なデータとして、勝利をつかみ取るには厳しい過去がある。この馬は歴史を覆すだけの力はあるはず。
今レースで、ジャスタウェイが圧勝したら、今世紀最強のサラブレットとの称号を得るだろう。

ゴールドシップ
性齢/牡5
斤量/59.5kg
騎手/横山典弘
毛色/芦毛
※初の海外競争が凱旋門賞となる。極悪の中山競馬場の皐月賞を楽勝した力から、ロンシャンの馬場適性はあるはず。追ってバテない脚質も、ヨーロッパ向き。発走枠も内の絶好2番枠となった。斤量59.5kgは不利だが、この馬の力には底知れない不気味さを放つ。激走に期待。

ハープスター
性齢/牝3
斤量/54.5kg
騎手/川田将雅
毛色/鹿毛
※近年、凱旋門賞は圧倒的に3歳馬が斤量的に有利。この10年のうち8回が3歳馬の勝利となった。この圧倒的な有利なデータをもとに、1年前から、ハープスター関係者は、来年の凱旋門賞は、この馬で挑戦すると宣言していた。
自分も日本の馬ではハープが一番勝利に近い位置にいると思ってる。ただし、2400mはハープにとって適距離とは言い難く、騎手の川田君の海外での騎乗経験が極端に少ないが気がかり。
フランスの地にて、高らかにハープの音を高鳴らせ!!

ただいまの時刻は10月6日午後10時、
発走まで、あと1時間半。

昨年 一昨年のオルフェの挑戦の時より、意外にも自分は冷静で、いられている。

結果は 如何に!!

スポンサーサイト

PageTop

ブログ停滞

よーいブログが停滞している。
書くネタが尽きたわけではない。
映画ネタだけで、5作品が未稿のままだし、韓国映画についても3作品ほど観たので触れたいし。
(未稿作品ルパン三世、TOKYO TRIBE、るろうに剣心 伝説、イントゥ・ザ・ストーム、フライト・ゲーム )

映画以外にも書き綴りたいことも、たくさんあるんだが。

なんだろうね。

映画の場合、最近はツイッターでつぶやき、ヤフーの映画サイトにレビューした時点で、一通り終了した気分になる。
それも未稿のままの原因のひとつだろうと思う。

映画以外のリアルなプライベートの投稿も、まだ映画の記事投稿してない、先にそっち書くべきだろう。
という足かせ的な思いが先に立つ。

仕事は相変わらず忙い。
まして、仕事でも文書を考えたりする仕事ばかりが重なってしまい、プライべートのブログまで書く気が起きにくい、というのもある。

なんか 言い訳かよ!!って感じだが、
要は書く気が起きん。ということだな。

ブログの未稿や最近は映画のみの内容に終始していることに、ご心配の声も頂き、本当に申し訳ない。

また再開する・・・はず。^^;

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。