徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

抜歯

7月11日(金)
実は4月末に治療開始した左側の奥歯がこの時期になっても、完了してなかった。
歯の痛みはない。しかし、奥歯の外側の歯ぐきが膿により、膨らんでいた。
要はこの膨らみが治まったら金属を被せる事とし、定期的にこまめに通院し、歯根を消毒し、歯の神経の穴を開放し、膨らみの治まりを待った。
小さくならないし、逆に大きくなってきている。歯の痛みは感じないため、歯根の消毒で治まるとは思えなかった。
埒が明かないと判断し、担当医師に「メスで切るか、抜いて下さい。」と提案した。
まぁ、抜くのはいつでもできるからメスで切ることとなった。
結果、出るは出るは膿が・・・小さな膿袋がいっぱいできてて、この状況では歯根の奥にも溜まってると予想できるため、
急きょ抜歯することになりました

抜歯後の跡にも膿の袋があり、全部とって消毒し、見せていただきました。

抜歯のため、抗生剤と痛み止め投与となるのだが、君なら自分で用意できるでしょ?との問いに
金曜日であること時間はすでに夜の8時ということを考えて、院外処方箋をだしてもらいました。

セフェム系の抗生剤は薬疹がでるため、禁止の旨を伝えるが担当歯科医はそこまではわからんから、薬局で相談するように言われた。

いつも行く調剤薬局は閉店時間となっているため、夜の9時まで受付してくれる調剤薬局に向かった。
案の定・・・薬剤師と相談したら、歯科医の書いてくれた抗生剤はセフェム系だった。
薬剤師は歯科医に℡し、処方内容の変更要請をした。

歯科医の指示内容は『よーい君の言うとおりに出してくれ、彼は理解してるから大丈夫』とのこと。
こんな指示、薬剤師も初めてとのこと。
抜歯の際はセフェム系以外ではペニシリン系が多いとのこと。

よって、ペニシリン系の抗生剤と胃薬と痛み止めをもらいました。

まぁ、時間かかったけど抜歯後の消毒に数回通院すれば完了となります。





PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

しばらく痛いでしょう(T-T)
親知らず抜いたときお岩さんになった記憶がよみがえりました。
ドリルとかハンマー等は登場しませんでしたか?
突貫工事お疲れさまでしたm(_ _"m)

新米 | URL | 2008年07月13日(Sun)12:17 [EDIT]


新米さんへ
コメントありがとう。(^.^)

痛みより、さっぱりした気分ののほうが大きいかな。
なんせ、4月からうだうだしてたからね。

よーい | URL | 2008年07月13日(Sun)23:55 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。