徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

応急救護講習会

7月15日(火)
2005年に改定された応急救護講習を受けてきた。
今後は5年毎に改定されていくとのこと。

表現が「心臓マッサージ」から「胸骨圧迫」に変わっていた。圧迫箇所も以前は指二本の上辺り等等細かく決まっていたが、今は両乳首の真ん中辺り、かなりアバウトでも構わない。一分間に約百回のペースで両手で手根部で圧迫を続ける。
口で回数を発しながら、30にて人工呼吸に移る。気道確保の上、1秒以内を2回する。それ以上長いと逆効果とのこと。人工呼吸したくなければしなくても構わないとのこと。
次回改定では人工呼吸は無くなる可能性が大きいらしい。
基本は4、5cm沈むくらい圧迫させるとのこと。中々圧迫できない人が多いなか、自分は初めてでないせいか、。逆に強く押しすぎかもと注意を受ける。
とにかく、効率の良い胸骨圧迫がすべての基本となる。

その後、AEDのトレーニング。2人一組で続ける。箱を開けるとすべて日本語で優しく指示をしてくれる。指示通りにあとはするだけだ。心電図分析中と電気ショックの時には対象者の身体に触れることご法度だが、それ以外のときはやはり「胸骨圧迫」が基本で続けることとなる。

まぁ、そんな1日だった。
「胸骨圧迫」と「人工呼吸」はある程度の技術が必要だが、AEDだけは知識が全くない人でも対応できるはずです。出くわした時は「やるぞという勇気」のみかな。
今は公共の場所を中心にいろんなところでAED置かれてます。
まぁ、目にした時はあることの確認だけでもする癖がついたらいいね。(^。^)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

つい先日、私もAEDの講習を受けました。
体育館で汗だくになりながらの実習は、参加者全員本気モードで頑張っていました。

>やるぞという勇気

そうなんだよね、、
マッサージに自信があるわけではないし、最中に肋骨がボキボキ折れる音が聞こえたらそれこそ躊躇してしまうと思うの。
いざというとき我が子に確かな応急をしてやれるかどうか・・





古米 | URL | 2008年07月16日(Wed)21:20 [EDIT]


古米さんへ
コメントありがとう。(^.^)

>体育館で汗だくになりながら・・

自分は冷房の効いた室内で実施しました。^m^

そうなんだよね!
統計によると救命に関しての119番通報の7割が家庭内からなんだよね。
結果、愛する家族が対象となる可能性は高いだね。(愛されない家族もあるけど(>_<))

『備えあれば憂いなし』

地震に対して、言われるけど。応急救護にも言えるよね。


よーい | URL | 2008年07月19日(Sat)08:00 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。