徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「本当は泣きたいクセに」KAB. 

正直に言う。全く、テンションが上がらない。
どんな言葉をかければいいのか・・・何を話せばいいのか・・・
全く思いつかない。

先日、知人の歌声を聴いたのをきっかけとし、あまりにも声質が似ていたため、もう一度じっくりと聴き返したいと思う曲があった。
便利な時代だ。ネットで直ぐに調べることができる。

「本当は泣きたいクセに」という曲。
作詞、作曲及び歌っているのがKAB.(かぶと読む) という女性シンガー。

心に染みわたる詩と情感豊かな歌声が自分は大好きである。
人気は?
うーん。
人気があるとは言えん。しかし、もっともっと高い評価されるべきシンガーだと自分は思っている。
自分は気にならないが、モヒカンスタイルの風貌が影響あるのかも?

この曲が入っているCDアルバム『日吉』は2002年リリースされるが、すでに廃盤。

リリースから、数年後、彼女は性同一性障害であることを告白する。
心に染みわたる詩を何故書けたのか?なんとなく、わかった気がした。


今日のテンションはこの曲に浸りたい。



友達の幸せに うなずきながら
「よかったな」と大げさに肩を叩き
今日は朝まで 付き合うよだなんて
飲みかけのビールを流し込む君

そんな楽しそうにしなくていい
自分の弱さから 目を逸らさずにいて

雨の日も風の日にも 眠れない嵐の夜も
一人になることを怖がっている
失った恋などもう 忘れたんだ笑っては
手当たり次第電話をかけて
ごまかしている 本当はすごく,,,泣きたいクセに

笑顔が多いほど 寂しがり屋で
はしゃぐ事ばかりを 考えている
辛さを掻き消すように おどける度に
“君は強い人”と呼ばれてくの? 

悩みを一人抱えなくていい
自分を飾る言葉 選ばずにいて

雨の日も風の日にも 眠れない嵐の夜も
沈んでる時の君の顔は
分ってるよ分ってるよ 帰り道別れた後の
ずっと 手を振る君の姿
胸の痛み本当はすごく,,,聞いて欲しいのに

苦しい日も悲しい日も やりきれない気持ちの夜も
さらけ出してよ 僕にくらい
泣いちゃいなよ 僕は横で 見ないふりをしててもいい
溢れる涙を拭わないで
素直になれ 憂鬱の日々が 少しでも 消えて行くように



素人さんの同曲の動画発見。
ギターは単純なコード進行だが、力強い音と歌声が重なり合い、心に深く響きわたる。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。