徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

脳男

2月9日(土)
いつもの映画館で、公開初日のレイトで、映画『脳男』を観てきました。

上映開始時刻は20時40分。
5分前にキャラメル味のポップコーン350円ともにシアター7に入場する。

館内は 閑散としている。
275席だが、観客は30人にも満たない感じ。

上映開始。。

上映終了。。

ひとつの映画作品として十分に楽しめる内容であった。
そう、楽しめたんだがら、それでいいんだけど・・
観終えて、何とも言えない後味の悪い気分に陥った。
その原因は、今作は他の映画をパクッたのでは?と思える酷似シーンが多々あるのだ。

自分はこの数年間、毎年20作品以上の映画を映画館で観続けている。
その自分がこんな気分になったのは初めてである。

一例だけ あげさせて頂く。

ラスト近くの地下駐車場内での戦闘シーン。
主演の生田君が犯人役の二階堂さんの首を絞めて殺そうとする。
んで、そこに松雪さん扮する精神科医が止めに入る。

この一連のシーンが、
自分には昨夏観た「るろうに剣心」の佐藤健君と吉川さんの戦いのシーンで、
健君が吉川さんにトドメをさす時に武井咲さんが止めに入る。

あまりにも両シーンが似すぎて、我が目を疑いました。

疑いの気持ちになると、あのシーンもこのシーンも・・もしや?と思ってしまう。
シーンをいちいちあげるつもりはないが、
映画作品としては
「告白」「愛のむきだし」古い作品では「ターミネーター」と 激似と思えるシーンもあったと思ってしまった。

映画としては前述のとおり楽しめたんだけど・・
後味の悪さが残ってしまった。

もちろん 自分の思い違いと信じたい。

星はそんなことなんで
2つとさせて頂きます。


予告(今作は予告を観ても作品のクオリティが下がりません。※注 よーいの主観)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。