徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中学生円山

5月18日(土)
いつもの映画館で、公開初日のレイトで、『中学生円山』を観てきました。

監督・脚本宮藤官九郎、主演は草彅剛君。クドカンと草なぎの初タッグ。

内容は自分のチ〇ポを、自分でしゃぶるという目標をたてた中学生円山君と謎のシングルファーザー草なぎ君との絡みを中心にその取り巻く人達の人間模様を含め、コミカルに描く。
また中学生男子が妄想するだろうシーンも多く描かれている。

客入りは自分含めて、約10人程度。
自分のひとつ後方に陣取る2人組の男性達から様々なシーンで絶え間ない笑い声が聞こえてくる。
でも、自分は全く笑えなかった。^^;
なぜ、笑えるのか、わからない。
自分の笑えるツボと彼等の笑いのツボが少し違うようだ。

てか、クドカン作品は自分は受け入れられないのかもしれない。
彼が脚本を手掛けた『舞妓はん』。
観た当初は面白いと感じたが、冷静に振り返ると、導入部分は大いに笑えるが、中盤以降特に後半部分が無理矢理な展開ばかりで、失速して、なんか痛かったという印象でいる。


今回から評価方法変更します。星5段階評価は変わりません。

1,映画館でこそ、観るべき作品か?
星1個 レンタルまたは無料動画サイトでアップ後、鑑賞で十分です。

2,映画としてのレベルに達しているか?
星3個 雑と思えるような展開もなく、撮影手法にも違和感はなかった。逆に特筆すべき映像やシーンもあったわけではない。よって、普通かな。

3,役者の演技は?
星3個
中学生以外は安定感のある実力派ばかり、みんな上手いよね。違和感がある演技は感じなかったね。
そう言えば「息もできない」のヤン・イクチュンが電器屋の修理屋として、数多くのシーンあったな。

4.総合評価
星3個
普通です。
数ヵ月後は内容も忘れてそう^^;

予告


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。