徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アニメ版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
自分は毎週公開される映画作品を必ずチェックしている。
よって、今作も8月31日(土)から映画版が公開されることは知っていた。
作品名の長さのインパクトが強く、どこかで聞き覚えのあるが、内容は全く知らなかった。

先日知人のSさんと今作について、お話する機会があった。
彼女は先週末に今作の舞台である埼玉県秩父まで出向き、今作のイベントに参加してきたとのこと。
暑い中大変で、長時間歩くことになり、脚も筋肉痛になったが楽しかったとのこと。
その後、よーいさんは今作の映画版を見に行かんといかんメールまで頂いた。(笑)

そこまでお勧めるならと、映画は大好きなんで、映画版を観ることに決めた。

映画情報としては、テレビアニメ版の1年後設定とのこと。
ということは・・・テレビアニメ版を観て、内容把握を事前にしたほうがいいな。

んで、一気に観ましたよ。
アニメの第1話~第11話の最終まで・・

第1話の初めで、
画が萌え系、声優も萌え系の声。(喩えが悪くてすまん。萌えをバカにしているわけではない)
うーん。
実はアニメを観る上で、自分が一番苦手とする画と声である。
その時点では、挫けそうになったが、映画を観ると決めたんで、観続けました。

エンディング曲・・・
これは知ってる。・・今作のために作られた曲だったのね。それは知らなかった。

萌えを乗り越えてしまえば、今作の世界観に、どっぷり浸かる自分がそこにいた。

観終えて、秩父に行きたくなる彼女の気持ちも、理解できた気がする。

感想は、
もう涙涙涙涙涙の連続である。
涙流さずに今作を観ていられる人は、多分いないだろう。
涙流れない奴はそいつ人じゃない。そんな作品である。

これで予備知識は得ることができた。

また、
好都合にも、いつも利用するマイシアターで上映することもわかった。

多分、明日の初日、レイトで映画版を観に行くと思う。

明日が楽しみだ\(^o^)/


参考までにエンディング曲貼り付けるよ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。