徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

怪盗グルーのミニオン危機一発 2D

ブログの更新が約1ヶ月間止まった。
ブログ開設後、初めてスポンサーサイトがメイン記事となっていた。
ネタがなかったのではない。
あまりの仕事の忙しさにブログがまで気が回らなかった。

10月13日(日)
知人nのお勧め作品。
マイシアターで、『怪盗グルーのミニオン危機一発 2D 吹き替え版』を観てきました。


上映開始時刻は14時35分~。
いつもはレイトで観るのだが、この日今作はマイシアターでレイトの上映はなかった。
館内はほぼ満席状態。
席は前から3列目を指定する。
子供達の黄色い声があちこちから漏れ伝わる。

子供達の漏れ伝わる声は気にならないが、丁度、真後ろに座った子供が前に座る自分の席を蹴るんだわ。
そう、この前方の席を蹴る行為に何度も悩まされる。
蹴られるたびに自分は後ろを向いて、蹴らないでポーズするのだが、
映画に集中してしまうと、足がでてしまうらしい。(-.-)
5回ほど、後ろ向いて注意する。

やっぱり、映画は子供がいないレイトに限るな。。

主演声優として、鶴瓶が抜擢。
声は鶴瓶で良しとしても、なぜ関西弁にするのかが、日本語版制作側には自分は疑問を抱く。
そういえば映画シュレックの声もダウンタウンの浜田さんが担当してたな。

作品はアメリカのアニメ映画の特徴が随所に感じられた。
自分が思うこの特徴は、
全世界の人達が観ても、解り安い作品に仕上げていること。
よって、根幹部分の脚本はいたってシンプル。大きな捻りはなく、疑問を抱くような脚本ではないこと。
可愛い不思議キャラを登場させること。
作品として完結させること。
等である。


そうそう、帰りかげにスーパーに立ち寄ってバナナの一房購入しました。(笑)

評価は星4個。

面白かったけど、万人受け意識してるのがなんとなく、へそ曲がりの自分には引っかかる。
よってひとつ減らした。


予告(観ても、作品のクォリティは下がらない。よーい主観)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。