徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

陽だまりの彼女

11月3日(日)

マイシアターで、『陽だまりの彼女』を観てきました。
上映開始時刻は20時40分~
館内はカップルが目立つ。
てか、カップルしかいない。

ひとつ前の席のカップルは、彼女は常に彼の肩に顔をあて手を繋いでる程の熱々ぶり。
以前の自分になら、少しイラっとして、慎めよとか思ったろうが・・
歳とったのかな?
微笑ましいとも思ってしまう。

そんなこと思いつつ上映開始。
今作の監督は「僕らがいた」の三木孝浩氏。
彼の撮る映像は本当にキレイ。
陽の光や、海の流れを自然な感じに登場人物の背景に取り込む。
役者の力もあるだろうが、この効果により、
主人公の松本潤(こうすけ)上野樹里(まお)の2人の映画中盤まで続く、
かなりのイチャツキぶりも、いやらしく感じさせない。

中盤までの微笑ましい展開は、
それ以降に何か絶対起こるなと想起させる。

そうです。中盤に一度「彼女の秘密」が明かされます。
そして、終盤に「本当の本当の秘密」が明かされます。

すべてが明かされたことにより、
彼女と過ごした日々もすべてが彼方へと消え去る切ない結末となりました。
その後の松本潤(こうすけ)の涙が流れるシーンに思わず自分も。。うるうると。。

もし、カップルで今作を鑑賞すると、
彼は彼女をもっともっと大切にしたくなる。彼女は彼をもっと愛し続けたくなる。

そんな魔法をかけてくれます。

評価は星5個。

間違いなく良作です。主演の松本潤(こうすけ)の評価も今作により上がるはずです。
翌日4日の祝日に映画『42』を観る予定でしたが、今作の余韻に浸りたくて中止にしました。


予告(観ても、作品のクォリティは下がらない。よーい主観)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんはー^^陽だまりの彼女!!これ気になってたんですよね・・・でも恋愛物の映画って、確かに映画館に行くとカップルが目立つ!!(笑)早くリア充になりたい・・・(ノД`)・゜・。w

琴時 | URL | 2013年11月26日(Tue)20:17 [EDIT]


琴時さん、コメントありがとう \(^o^)/
映画館デートには最適な作品です。
人を好きなる・・愛するって・・
本当にいいなと今作は教えてくれます。

リア充かい!!!
いつになることやら・・・(笑)

よーい | URL | 2013年11月27日(Wed)00:31 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。