徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

入院現況2

2月23日(日)
この日は面会しなかった。
自分の長男含め、親戚が数名お見舞いに駆け付けた。

自分は母と父の確定申告のとりまとめ作業のため、職場に出向く。
そう、職場のパソコンにデータ保存してあるのだ。
自分は経営史のため、特段、私的に職場のパソコン使用しても問題なし。

しかしだ。数字の確認作業には労力を費やす。
例えば、医療費控除関連だけでも、100枚以上あるのだ。
それをエクセルに転記し、再度数字確認作業をする。
そんなことを不動産の収入やそれに係る経費の計上等等。


ああ、めんどー だ。

終えるのに午後8時過ぎていた。
とりまとめた資料を近くにあるクロネコヤマトの配送センターに持ち込み。
税理士に送る手続きをとる。

別段税理士に頼まなくても自分が申告用紙にそのまま打ち込めば完成する。
だが、長年お世話になってること及び税理士のハンコがあるとないとでは信用度が違う。

2月24日(月)
忙しすぎ・・面会は行けず。
司法書士との母の遺言の件を電話で打ち合わせする。
母の不動産物件、預貯金、債務などすべて、エクセルで添付しメールする。

2月25日(火)
午後5時頃面会する。
午後6時半から担当医から説明があるとのこと。
自分も参加したかったが、この後、銀行との打ち合わせのため、参加できず。

遺言の件で司法書士が病室まで面会する許可と現在の進捗状況を説明し職場に戻る。

この日は眼科受診もして、1時間以上待たされ疲れたとつぶやいていた。

銀行との打ち合わせ終了後、医師の説明に参加した妹に℡し状況確認する。

今後、ステロイドの多量投与を続けると、大きな副作用の可能性が大きいため、免疫抑制剤も併用するこに。
ステロイドの量を減量させても、効果を継続するためとのこと。

多少の効果はあったのだ。

2月26日(水)
妹がスマホで撮影した母の肺のCТを見せてくれた。
ステロイド多量投与前と投与後のが見比べれる。
確かに、多量投与後は真っ白だった肺の中がクリアに回復してるの素人眼にもわかる。

効果が上がり、良かったという思いと、
だからと言って、完治する病気でもないことをも知っている。

でも、良かったと解釈すべきなんだろうな。。

酸素量の表示
2014022516590000[1]

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。