徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

入院現況5

3月24日(月)
午後5時から、公証人の病院への出張による母の遺言書の最終確認がある。
自分はその場に居合わすことは禁じられているが、午後5時前までに母の実印・印鑑証明書及び公証人への報酬約25万円を届けなければならない。

仕事が手間取り、病院へ着いたのが、10分遅刻となった。

慌てたが、すでに担当の司法書士2名が着いてたが、公証人も遅刻とのこと。到着してなかった。

届け物を渡し、母の署名必要な書類等を見せる。
司法書士によると、公証人とのやりとりは1時間以上はかかるとのこと。

ほどなく、公証人が到着し、早速執務にとりかかる。
自分は席を外した。

約1時間どうしよう?
病院に併設されている「満点星」というレストランで、遅い昼飯をとることにした。
メニュー
2014032417490000[1]
名物のオムレツライス
2014032417590000[1]
セットのサラダとスープ
2014032417560000[1]

いやぁぁぁ美味いわ。予想以上のハイレベルの味にびっくりだわ。
サラダも瑞々しい。スープも塩辛なく、自分好み。
この店なら、何度も通いたいと思わせる。

食後のコーヒーを飲もうとしている時に、母から電話があり。今、終了したとのこと。
1時間の予定が30分くらいで、終わった模様。

病室に戻るとすでに公証人の姿はなかった。

遺言書の原本は公証人町役場に、
遺言書の正本は司法書士に、
遺言書の謄本は、よーいさん持ちますか? と聞かれたが、司法書士に保管してもらうことにする。

要は母が亡くなった際は司法書士に連絡をとればいいことにする。

んで、肝心な母の容態だか、いたって良好だ。
前回の記事に、こう書いた。
「入院当初は生きるか死ぬかの二者択一だった。
現在「生き延びるかも」のほうに転びそう。
まだまだ予断は許されぬけどね。」

もう断言して良いだろう。
母は『生き延びた』
前回の記事に続きもう一度言う。
「しぶとい」(笑)

ステロイドの大量投与も、徐々に減薬しつつあり、来週には退院しても良い量まで減薬される見込み。

しかし、母は退院を契機に、もう自宅には戻りたくないとのこと。
元々、夫婦仲が良くない上に、母の肺は、綺麗な空気環境でないと、すぐ悪化する可能性も高い。

母は、昨年縁あって購入した新築マンションを持っている。そこに戻ると言うのだ。
自宅より、マンションのほうが、良好な空気環境を保てるは確かである。
反対する理由はないが、高齢者が1人でも暮らせるように、生活環境を整備するのは大変だ。


この日の病院の夕食
2014032419010000[1]

酸素量、22日から労作時のみ2リットルとなった。
2014032418210000[1]


そうそう、
その後入院前日に託された直筆の遺言書は母に返却し、その場で破り捨てるように司法書士から電話が入った。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。