徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

母 退院

4月5日(土)
母は約1か月半の入院治療により、無事に退院レベルまで肺が回復し、退院した。
ステロイドの大量投与が、うまい具合に功を奏した。
副作用は、足のむくみ程度で済んだ。

母は退院を契機とし、不仲な夫とは別居生活を決意し、退院先は昨年購入したマンションに戻る。
要は独り暮らしとなる。

自分は年老いた母が1人でもマンションに住めるように、姉と妹と共に、準備しなくてはならない。

退院は喜ばしいが、また一大事である。(笑)

退院の付添・入院費の精算は姉と妹に任した。
自分は
4日(金)の夜に、マンション内に在宅酸素の機器の搬入と業者から取説を受ける。在宅での酸素量は労作時に2Lである。
5日(土)はすでに手配した、ダスキンのマンション居室清掃業務に立ち会う。(ちなみに費用は3時間で4人で隅々まで清掃していただき73000円)

午後5時過ぎにマンションに到着。

すでに購入していた空気清浄器やオーブントースター、オーブンを段ボールからだし設置した。
洗濯機はすでに注文済みとのこと。1週間先に届く。

今後は身の回りのことは姉と妹に任せて、
自分はは在宅で、様々な介護サービスの手配及び金銭の管理をすることになる。

とりあえず、訪問介護・訪問看護・訪問診療・配食サービス。
ダスキンも定期的に受け入れるだろう。


ご心配頂いた皆様方へ

入院中はいろいろとご心配の言葉を頂き、大変に感謝しております。

母は生き残りました。
独り暮らしを問題なく継続していく課題は依然残っておりますが、
所詮、なるようにしかならんとも、思ってます。
日々を積み重ね、対処していくだけです。

本当にありがとうございました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。