徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

劇団四季ライオンキング

6月21日(土)
東京浜松町にあるJR東日本アートセンター四季劇場 [春]にて、『劇団四季ライオンキング』を娘と鑑賞してきた。
ナラ役(雌ライオン)の谷原志音が娘の大のお気に入り。

数日前に娘から学割のあるバルコニー席で構わないから、(2500円)観に行きたいお願いされた。
ちなみに、バルコニー席とは、3階席より、更に上の位置にあり、娘曰く、前傾姿勢で鑑賞するとのこと。
(よくわからないが、行けばわかるだろう。)
高校で音楽コースを専攻している娘には、ミュージカル等、機会があればいろいろと見せてあげたいと常々思っている。
もちろん相当高額なものは無理だけど、この価格ならダメだしする理由はない。(一般席は9,800円が相場である)

午後4時に娘とJR津田沼駅で待ち合わせ。
快速電車で新橋へんで山手線で浜松町へ。

電車中、父、「学生証は忘れてないよね?」
娘、「え、あああああああああああ・・忘れたぁぁぁ。どうしようお父さん。。」
父、「なにか、代わりになるものはないの?」
娘はバックの中をいろいろとかきまわすが・・それらしき代わりになるものがない。
いまさら、取りに引き返すこともできないし、後はなるようにしかならん。
慌てる娘に、そう言う。

浜松町に着き徒歩5分程で劇場に着く。
劇場外観
2014062116520000.jpg

案の定。
入口で娘がアイホンで、認証確認後、入口のお姉さんから、学生証を確認させて頂きますとなった。
正直に忘れた。と娘が答える。
「学生証じゃなくても、通学定期・教科書、なんでも良いんです。なにか証明できそうな物ありませんか?」とお姉さん。
再度、娘はバックの中をいろいろとかきまわすが・・それらしき代わりになるものが見つからない。
自分が差額を払いますよと言いかけた時、
「わかりました。今回はお父様が同伴ですし、学生と見なします。」とお姉さん。
本当に申し訳ない。とお礼を言い入場する。

出演者リスト
2014062116570000.jpg


席には深いクッションとともに前の手すりには布バリとなっていた。
この布の上に両腕を置いて、前傾姿勢となり、真下を見下ろす感じで鑑賞する作りであった。
なるほど前傾姿勢とはこのことなのね。

舞台開始。
アフリカテイストのリズムやパーカション、時々 奇声みたいな甲高い歌声もなんだろう・・
凄く自分には心地よい。多分・・自分の肌に合う感じ。

キリンは知ってたけど、象まで出てきたよ。迫力すげーな。よく作ったな。

ああ、やっぱりハゲタカ・ハイエナは悪者設定なのね。。
仕方ないと思いつつ。ちと同情。

子役のシンバ役の子が歌の途中に舞台袖にはけていく時に拍手が起きる。
あれ歌の途中なのになぜ拍手?
即座に大人シンバ役に入れ替わった。
なるほど。お役目ご苦労様の拍手だったのね。と納得。
みんなここで交代することをよくご存知なのね。

休憩
再開

ほどなく終演。

カーテンコールと鳴りやまぬ拍手。。
前述したが、アフリカテイストの音楽、自分には本当に心地よい。

大人シンバより子役シンバの方がよかったねと娘に言うと、
大人シンバ2回ほど 音 外したよね。お父さん気づいたの?と娘。
んなこと 自分にわかるわけない。

そんな会話しつつ帰路しました。

ユーチューブ公式動画

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。