徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オール・ユー・ニード・イズ・キル

7月6日(日)
シネプレックス幕張にて、レイトで映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』字幕2D版を観てきました。
トム・クルーズ主演のアクション娯楽大作。
内容は、
兵士として死んだ直後、時間がリセットし生き返る。
しかも、リセット以前の記憶も持ち続けて、消えたりしない。
要はロールプレイングゲームみたいな感覚だ。
ゲームオーバーとなっても、経験値だけ積み、新たにゲームを再開できる感覚である。
終にはゲームと同様に最強の兵士に行きつく。
ゲーム感覚の映画なのだ。

上映開始時刻は21時55分~
レイト料金1300円を支払いシネマ9に入場する。

観終えて・・うん。
面白かった。
面白いんだけど、倒すべき敵の存在がイマイチつかめない。
敵は地球外生命体である。
どうやって、敵を倒したのか?
敵の本体をアルファとかオメガとか表現してたが、どいつを結局倒したの?
その本体を倒すと、すべて、スタートにリセットする落ち。
こけもゲーム的な感覚なんだろうか。なんか解りづらい。
前半から中判はテンポ良く、解りやすく進んでいたけど、後半にかけて難解になった印象である。

身体には兵器付き重たそうなスーツを装備する。
だが、顔と頭には何にもつけてない。なんか自分的には違和感ありあり。
映画的に、あえて顔を良く見せる手法を採用したんとは思うんだけどね。

星総合評価は4つ。
シンプルな前半から一転ちと解りづらい後半がマイナス。

映画館でこそ観るべき度は4つ。
自分は2D字幕でみたが、戦闘シーンは3Dのほうが、より映えるかもしれない。

予告

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。