徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

STAND BY ME ドラえもん

8月10日(日)
いつもの映画館シネプレックス幕張にて、映画『STAND BY ME ドラえもん』2D版を観てきた。

上映開始時刻は20時45分~
10分前にシネマ10スクリーンに入場する。
この時間でも、家族連れがチラホラといる。
ちなみに千葉は県条例に基づき、上映終了時刻が午後11時までなら、レイトでも18歳未満の鑑賞は可能である。

ヤフーの映画サイトに今作の評価を8月24日にレビューした。
内容は以下の通りである。(一部追記や、言い回し変更有り)

今作の下となる原作は、どこかで観たかな?程度の記憶。

映画としては、本当に、丁寧に練られた作品であることがわかる。
多分?有名シーンをコンパクトに、出会いから別れを違和感なく繋げ、まとめあげた。
CGもお見事。
両監督の力量の高さ及びスタッフ達の努力の賜物だろう。
大拍手を送りたい。
今作の謳い文句のドラ泣きも、偽りは感じない、納得できる。
多くの輩が、年代問わず涙すると思う。

自分も様々なシーンでうるっときた。

しかし、
作品の冒頭部分されたある設定が、ずっと気になってる。
もしかしたら、原作通りなのかな?

ジャイ子と結婚 = 不幸せ
しずかちゃんと結婚 = 幸せ であるいう設定。
という設定である。

ネタばれします。注意。

ジャイ子との結婚が不幸せな理由は、のび太の子孫セワシが説明する。
理由は、結婚後、のび太は会社を起業するが、会社は倒産する。住んでる家も火事に合い散々な目に合う。(放火だっけな?)そんな説明であった。
更に赤ん坊を背負い、子供の手をひく妻ジャイ子の写真がでた。
子供は3人?4人?が写ってたと思う。思わず子沢山と思った。

この理由って・・・・
事業の失敗は、のび太の実力だろうし、放火は単なる不運に尽きる。
ジャイ子と結婚が招いたとは到底思えない。
子沢山の写真からは、貧乏でも幸せでは?と連想してしまう。

では、
しずかちゃんとの結婚した場合、どんな幸せが待ってるのか?
それについての説明は、セワシから一切ない。
その後の様々なシーンで、しずかちゃんの優しさ・思いやりが、十分なくらいらに伝わってくる。
こんな女性と結婚できたら、幸せだいう男心は痛いほど解る。
しかし、それがジャイ子との結婚が不幸せとは繋がるとは、別次元だろう。

のび太のことだ、しずかちゃんと結婚しても、事業は絶対に失敗するだろうし、火事にも合うかもしれない。(笑)
その前に、しずかちゃんと結婚したら、セワシ・・お前は存在してないんでは?
(笑、まぁ、誰しも突っ込みたくなるだろうが)

この設定は、原作に忠実だとしても、今の時代にはそぐわない。
ドラえもんの援助はあったとしても、最後には自分の力で未来を切り開くという力強いメッセージが今作にはある。
それゆえに、もう少し工夫があっても良かったと思う。
多くの小学生も観る作品。
やはり、人って見た目が重要なのか?
安易に取られても、仕方ないだろう。

ジャイ子へのフォローシーン?
のび太しずか結婚前夜に、漫画家として頑張ってるシーンは入っていた。
のび太と結婚してたら、ジャイ子は漫画家には、なれなかったと、
ジャイ子にとっても、不幸せの結果だった、と言いたかったのかな?

ネタばれ終了

この設定が、引っかかったけど、
前述したとおり、映画としては素晴らしい作品。
多くの人にお勧めします。


こんな感じでレビューした。
今読み返すと違和感もあるな。
人って、まずは見た目から入る現実もあること、
それは紛れもない事実だからだ。
この設定でも良いのかも。と思えきたというこだ。
鑑賞直後と数日経過後で、意見が変わることもある。

星総合評価は4つとする。

映画館でこそ観るべき度は4つ。
もしかしたら3D鑑賞だと迫力増すかも。

予告1


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。