徒然日記

飾りのない日々を赤裸々に自分なりに書いています。ご感想頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

暑い!!!

スポンサー表示がうざくて、強制更新。
普段は今ツイッターにいます。

PageTop

2014年映画総括

2014年、映画館で映画を観た回数は31回、合計30作品を鑑賞しました。(渇きを2回鑑賞)
映画館別ではシネプレックス幕張が27回、京成ローザが2回、イオンシネマ幕張新都心で1回、渋谷シネクイン1回。
レイト鑑賞が19回。
邦画は17作品、洋画は13作品。
アニメは5作品。
3Dは1作品。

月別作品リスト 鑑賞順で
1月5作品 
『永遠の0』 『Seventh Code セブンス・コード』 『黒執事』 『ゼロ・グラビティ』 
『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』
2月鑑賞なし
3月3作品
『愛の渦』 『銀の匙 Silver Spoon』 『アナと雪の女王』
4月3作品
『白ゆき姫殺人事件』 『LEGO(R)ムービー』 『ローン・サバイバー』
5月2作品
『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』 『青天の霹靂』
6月2作品
『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』 『渇き。』
7月3作品
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 『マレフィセント』 『GODZILLA ゴジラ』
8月3作品
『るろうに剣心 京都大火編』 『STAND BY ME ドラえもん』 『ルパン三世』
9月4作品
『るろうに剣心 伝説の最期編』 『TOKYO TRIBE』 『イントゥ・ザ・ストーム』 『フライト・ゲーム』
10月1作品
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』
11月3作品
『泣く男』 『インターステラー』 『寄生獣』 
12月1作品
『ベイマックス』

よーい的ランキングに移ろう。
この30作品の中で、
絶対に絶対に映画館でこそ観るべき作品は『ゼロ・グラビティ』 『イントゥ・ザ・ストーム』。
特にゼロの映像は本当に凄い。
後世で、エポックメイキングと言われるだろうね。

戦争を考えさせる入門映画として、『永遠の0』の価値は高い。

鑑賞後、心温まり度が半端なく高いのが
『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』。

効果音の扱い方が半端なくやばい作品が『ローン・サバイバー』。

内容が重厚で、鑑賞後頭痛がしたのが、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』『インターステラー』。

ミュージカル映画としては、『アナと雪の女王』。

駄作過ぎて、もう失笑するしかないのが、 『マレフィセント』『るろうに剣心 京都大火編』。

栄えあるよーいアカデミー賞作品は、

『イントゥ・ザ・ストーム』とさせて頂きます。
竜巻のパニック映画だが、ヒューマニティ部分とおバカな部分の組み合わせが絶妙。
DVDより、映画館でこそ、何度も観たくなる作品。

PageTop

凱旋門賞2014

凱旋門賞2014年。
フランス、ロンシャン競馬場において、
日本時間 10月 5日(日) 23時30分発走予定・芝2400m 20頭立てにて開催される。

自分にとっては15年前(1999年)に2着したエルコンドルパサーから、ずっと毎年追い続けているレース。
気がつけば、日本の競馬関係者及び競馬ファンにとって、凱旋門賞で優勝することが悲願となっていた。

昨年、一昨年はご存知の方も多いと思う。オルフェーブルが連続2着したレース。
特に一昨年はオルフェ楽勝と思いきや、ゴール前で走ることを止めてしまい、惜敗してしまった。

今年は日本から3頭が参戦する。
ジャスタウェイ
性齢/牡5
斤量/59.5kg
騎手/福永祐一
毛色/鹿毛
※現在、今年3月のドバイデューティフリーレースでぷっぎりの圧勝劇により、世界ランキングトップにレーティングされている。
今回は6月の安田記念に勝利後、ステップレースを使わず、ぶっつけと本番となる。このパターンで凱旋門賞を勝利した馬は近年では皆無である。1990年以降において59.5kgの斤量の勝馬は2頭のみ。枠は不利な外の14番枠。
現実的なデータとして、勝利をつかみ取るには厳しい過去がある。この馬は歴史を覆すだけの力はあるはず。
今レースで、ジャスタウェイが圧勝したら、今世紀最強のサラブレットとの称号を得るだろう。

ゴールドシップ
性齢/牡5
斤量/59.5kg
騎手/横山典弘
毛色/芦毛
※初の海外競争が凱旋門賞となる。極悪の中山競馬場の皐月賞を楽勝した力から、ロンシャンの馬場適性はあるはず。追ってバテない脚質も、ヨーロッパ向き。発走枠も内の絶好2番枠となった。斤量59.5kgは不利だが、この馬の力には底知れない不気味さを放つ。激走に期待。

ハープスター
性齢/牝3
斤量/54.5kg
騎手/川田将雅
毛色/鹿毛
※近年、凱旋門賞は圧倒的に3歳馬が斤量的に有利。この10年のうち8回が3歳馬の勝利となった。この圧倒的な有利なデータをもとに、1年前から、ハープスター関係者は、来年の凱旋門賞は、この馬で挑戦すると宣言していた。
自分も日本の馬ではハープが一番勝利に近い位置にいると思ってる。ただし、2400mはハープにとって適距離とは言い難く、騎手の川田君の海外での騎乗経験が極端に少ないが気がかり。
フランスの地にて、高らかにハープの音を高鳴らせ!!

ただいまの時刻は10月6日午後10時、
発走まで、あと1時間半。

昨年 一昨年のオルフェの挑戦の時より、意外にも自分は冷静で、いられている。

結果は 如何に!!

PageTop

ブログ停滞

よーいブログが停滞している。
書くネタが尽きたわけではない。
映画ネタだけで、5作品が未稿のままだし、韓国映画についても3作品ほど観たので触れたいし。
(未稿作品ルパン三世、TOKYO TRIBE、るろうに剣心 伝説、イントゥ・ザ・ストーム、フライト・ゲーム )

映画以外にも書き綴りたいことも、たくさんあるんだが。

なんだろうね。

映画の場合、最近はツイッターでつぶやき、ヤフーの映画サイトにレビューした時点で、一通り終了した気分になる。
それも未稿のままの原因のひとつだろうと思う。

映画以外のリアルなプライベートの投稿も、まだ映画の記事投稿してない、先にそっち書くべきだろう。
という足かせ的な思いが先に立つ。

仕事は相変わらず忙い。
まして、仕事でも文書を考えたりする仕事ばかりが重なってしまい、プライべートのブログまで書く気が起きにくい、というのもある。

なんか 言い訳かよ!!って感じだが、
要は書く気が起きん。ということだな。

ブログの未稿や最近は映画のみの内容に終始していることに、ご心配の声も頂き、本当に申し訳ない。

また再開する・・・はず。^^;

PageTop

ミス・サイゴン

8月12日(火)
東京有楽町にある帝国劇場にて、ミュージカル『ミス・サイゴン』を娘と鑑賞してきた。
席はB席。かなり後方の席である。料金は4000円。
開幕時刻は18時15分~

午後4時45分頃に娘とJR津田沼駅で待ち合わせ。
快速電車で東京駅、山手線乗換にて有楽町駅へ東京国際フォーラム出口から徒歩3分。
17時40分頃劇場に到着した。

劇場外観 小雨模様、写真がタテになってしまい申し訳ない。
2014081217380000.jpg

帝国劇場内へ入場する。

公演終了後のロビーにて、ミニライブ&プレゼント抽選会の告知がある。
プレゼント用紙に名前と座席番号を記載し、プレゼント抽選ボックスに投入する。

売店も充実している。
マンゴーアイスと肉まんを購入。娘と半分こにする。(^O^)

マンゴーアイス
2014081217490000.jpg
肉まん
2014081217500000.jpg

出演者リスト
2014081221150000.jpg
娘のお気に入りはキム役の昆夏美(こんなつみ)さん、ジョン役の上原理生(うえはらりお)さん。
7月の末に、エンジニア役の市村正親さんが胃がんのため、
急きょ舞台降板のニュースが流れたこを、ご存知の方は多いはず。
本日のエンジニアはは駒田 一(こまだはじめ)さん。

けたたましいヘリコプターの風切音。
第1部開幕
うん?  
あれれれ・・なんか、エロい
これはびっくり想定外。(^○^)
動きも歌詞きもエロい。「股間しゃぶって、かきまくれ」だと・・

クリスとキムのラブラブシーン。
舞台後方のため、よく確認できないが・・
チューを何度もしてるように見えるんだけど・・気のせいか?

キム役の昆夏美さんが、子役を抱きしめながら、
「命あげよう」を熱唱し、第1部閉幕となる。

館内に照明がともり、またびっくり。(@_@;)
周囲の多くの女性たちが、昆ちゃんの歌に感激した模様。感涙の人、ウルッてなってる人が多数。

第2部開幕
あ、知ってる曲だ。
「プイドイ」だ。
娘に以前、聴いといてと言われた曲。
ジョン役の上原理生及びベトコン役の人達が歌い上げる。
舞台上部にスクリーンが下ろされ、そこにはベトナム戦争時の子供の実写と思われるシーン多数。
あれ、もしかして・・プイドイって・・
米兵とのベトナム女性との混血児の意味なのか・・
全く、自分気づいてなかった。
1部ラストの「命あげよう」と重ねると、なるほど、これは泣いちゃうのもわかる。(;O;)

その後内容は、
永遠の愛を誓った米兵クリスとベトナム女性キム。
しかし、サイゴン陥落とともに、クリスは帰国し、そしてアメリカ女性と結婚する。

その数年後、タイ(バンコク)で再会し、結婚したことをキムに打ち明ける。
クリスの妻と対峙するキム。
苦悩するクリス。

ラスト
キムは・・子供をクリス夫妻に託して・・拳銃自殺。
え、死ぬのか!!
この結末の演出は腑に落ちないけど。当時(40年前位)の世相には合ってるのか?

閉幕。
カーテンコール。
ラスシーントとアメリカには夢がある設定が、引っかかったがけど、
全体的には本当によかった。大満足。
エロいところも最高。(^O^)
また、開幕直前のヘリの風切音も、しっかりと伏線となっていた。

館内アナウンスで、この後ロビーで ミニ生歌ライブプレゼント抽選会及び昆夏美さんの出口でお客様お見送りサービスがあると流される。
二者択一である。
昆夏美ちゃんのお見送りに未練ありありだが、プレゼントボックスに投入した手前、そっちを選択した。

ベトコン役の4名が、ロビー設置されていたミニ舞台に立ち、生歌を数曲を披露する。
凄く、素敵だ。生は良いよね。
プレゼント抽選に移る。
自分は当選する心の準備はできてた。
ミニ舞台に上がり、今日で1000回目の鑑賞です。とボケるシュミレーションを頭の中で繰り返す。
さぁ、当たれと!!心で念じる。
惜しくも落選。自分の名前は呼び出されなかった。残念。(笑)(^○^)

帰宅後、
ブイドイを調べる。
やはり、ベトナム戦争中、米兵とベトナム女性の混血児を指すとのこと。

生チューを調べる。
ユーチューブ公開稽古風景がアップされていた。3分50秒あたりからラストまで、やばいエロい。昆ちゃんのこと好きになりそう。生チューどころじゃない。激チューーだった。まさぐる手がエロすぎる(●^o^●)
『ミス・サイゴン』公開稽古 ♪この金は君のもの~♪サン・アンド・ムーン

『ミス・サイゴン』公開稽古 ♪世界が終わる夜のように


股間しゃぶってを調べる。
3分50秒あたりから、やはり歌ってた。
『ミス・サイゴン』公開稽古 ♪火がついたサイゴン~♪我が心の夢


昆ちゃんの「命をあげよう」舞台では子役を抱きしめながら・・


娘から、勧められた動画。この場に娘もいた。中心が上原理生さん。
『ミス・サイゴン』 ♪ ブイ・ドイ 5/4(日)日比谷シャンテ歌唱披露



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。